FC2ブログ

HARD BLOW !

アリを感じろ!ドキュメンタリー映画「フェイシング・アリ」

 天性のデタガリも手伝ってやたらと多いモハメド・アリ絡みの映画。現役選手なのに本人主演という「ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗」「鉄腕投手・稲尾物語」スタイルの「アリ・ザ・グレーテスト」「モハメド・アリ チャンピオンへの道」。ドキュメンタリーとしてはオーソドックスな「モハメド・アリ 世界が見た王者の姿」、キンシャサのアリの試合とその前に行われたソウルミュージックのフェスティバルの模様を収録した貴重なドキュメンタリー「モハメド・アリ かけがえのない日々」。劇映画としては主演のウイル・スミスの自己満足映画「アリ」が一番メジャーですが内容はかなりスットコドッコイです。変わったところでは梶原一騎先生率いる三協映画が作った猪木戦の映像がクライマックスの「四角いジャングル・格闘技世界一」も昭和感丸出しでいいですねえ。そんなアリ映画の系譜に新たに加わる映画が今年も公開されました。と言っても今回はアリ本人は試合映像やインタビュー映像にしか登場しないと言う異色作。アリとリング上で対峙した10人の男へのインタビューをまとめた「フェイシング・アリ」でございます。(「フェイシング・アリ」予告編)インタビューに登場するのはフォアマン、フレイジャーは勿論ホームズ、スピンクスにケン・ノートン、ロン・ライル、アーニー・シェイバーズ、アーニー・テレル、ヘンリー・クーパー、ジョージ・シュバロという面々。現在の生活ぶりは見事にバラバラで金のある人落ちぶれてる人様々ですが皆全員がアリと戦う事で否応なく運命の波に飲み込まれていく。
 やはり今年亡くなったフレイジャーのインタビューはとても貴重。フレイジャーは田舎育ちの実直な青年で、アリが「あいつはアンクル・トム(白人に迎合する黒人の典型例)だ」と挑発するとアンクル・トムとピーピング・トム(覗き見トム=日本語で言う出歯亀みたいなもん?)とを勘違いして「何でオレが覗きなんだ!」と憤慨したりするちょっと可愛い人。でもアリはそんな少しドン臭いフレイジャーを徹底的に悪口でイビリまくる。南部の貧困層出身で激烈な差別を身を持って知っているフレイジャーはアリのような生き方は土台出来ないのだが、アリがベトナム戦争の徴兵拒否でヒーローになったところも地獄の戦場を体験して何とか帰還したフレイジャーにはなんとも面白くない。家族や友人にまで口撃の被害が及ぶに及んでいよいよフレイジャーの闘志はたぎる一方。フレイジャーを怒らせたばかりにアリは初めてキャンバスを舐める事になるのですがほんと口は災いの元です。アリ×フレイジャーの一戦目の映像には観客としてマイルス・デイビスやウディ・アレンもとらえられております。一方中年期に差し掛かったアリに立ちはだかる若き日のフォアマンは鎌倉大仏のようになってしまった復帰後からは想像もつかないダビデ像のような完璧な肉体を誇示する見るからに恐ろしい男。アメリカ代表の黒人陸上選手が差別への抗議で国家吹奏時に拳を突き上げたメキシコオリンピックで金メダルを取った際何の葛藤もなく小さな星条旗を振ってしまうような空気の読めない男だがこの人もまた差別と貧困から立ち上がった不屈の男。アリの口撃は受け流し自信満々リングに立つがこちらはその自信が仇となり一敗地にまみれることとなる。このあと次戦で負けたフォアマンが神がかる様子を身振り手振りで再現する所はなかなかの見ものでした。あと印象的だったのはケン・ノートン。ノンタイトル戦とはいえアリに土をつけた男は現在交通事故の後遺症で杖を突いている。「アリ戦は離婚直後で乳飲み子を抱えてどうしても金が必要だったから死ぬ気で準備した」と切実な事情を話しながら「アリと戦えたことで全てが変わった」とも。もう一人同時代のWBAチャンプアーニー・テレルはアリのラップ悪口に対抗してメロウな歌でアリを挑発する茶目っ気のあるオジサン。当時のボクシングビジネスがギャングに牛耳られていた事などを淡々と語りつつアリ戦の敗因はサミングされて目を潰されたからだという。リングロープ際の死角で確かに異様な動きはあるが…。

 さて他の出演者の話もすべて興味深いのですが一つ印象的だったのは、アリの存在感が全くイメージで言う『黒人的』でないこと。アリは対戦相手の黒人を「白人の手先だ」と言うように罵るのですが、アリのキチンとした服装・髪型に比べてフォアマンやフレイジャーのファッションや佇まいは明らかに今で言うファンキーでいわゆる黒人そのもの。勿論彼の所属するブラックモスレムはそのようなステレオタイプ化をこそ忌避していたからなのでしょうけど現在から見ると不思議な感じがしました。あとアリはテレビ時代の先駆けになるアスリートだったなあと。自己演出という面から見てもここまで極端に突き詰めてる人はスポーツ選手ではちょっと見当たりません。
 
 いまや黒人ファイターはすっかり減ってアメリカのボクシング界もメキシコ系とカリブ系ばかりですが、それはアメリカの黒人を巡る状況が経済的にも政治的にもかなり好転したからでしょう。あとバスケやNFLの方が稼げるというのもあるのかな?「ソウルミュージックがソウルフルでなくなったのは黒人の生活が向上したからだ」なんて暴言吐く音楽評論家もいますが、黒人への差別がなくなること生活が向上することはとてもいいことです。ケン・ノートンのようにKKKに追われて一家で引っ越して生きていくためにグローブを握るなんて余りにもキツイ話です。そういう公民権運動の時代の証言としてもとても貴重な記録だと思います。まだまだアリの映画は作られて行きそうですね

 アリ×フレイジャーの二戦目の映像がなかったことが少し不満(旧徳山と長谷川が好きです)