FC2ブログ

HARD BLOW !

最近のバナルとバウティスタ

10月20日、今回はセブではなくマニラの巨大ショッピングモールで行われたというALA定期興行の観戦記です。

AJバナル 28(20KO)-1(1KO)-0 (フィリピン)
P.S.シンギュ 42(27KO)-1-0 (タイ)

WBO世界バンタム級王座決定戦


サウスポーのバナルは半身で重心低く構え、パンチもフットワークも足腰のバネがよく利いている。

シンギュは右構えだが、ガードを顔半分まで上げ、相手にほぼ正対するように前傾。これで頬からボディまでがガードで隠れ、相手としては非常にパンチを当てにくそうだ。その体勢から伸び上がるようにして左ジャブや右ストレートを打つ。これが結構伸びてしかも力がある。タイよりも日本人によくいそうなタイプに見えるが、ちがうのはインファイトでも速い回転でパンチが打てるところ。

実際バナルも研究済みなのか、シンギュのガード下からもぐりこませるようにアッパーやフックをボディに打っていた。ただそれが行き過ぎてローブローが多くなり、6Rには減点も取られた。

序盤の3Rはバナルが速いコンビネーションとサイドステップでラウンドをとったが、前に出るシンギュの圧力は弱まらず、中盤シンギュのパンチの威力が勝り始める。バナルはよく動いて持ちこたえているようだったが、9R乱戦からシンギュの右ストレートを顎に受け、これが効いてダウン。立ちあがったもののダメージが深いと見たレフェリー(トニー・ウィークス)はストップを宣し、WBOバンタム級新王者はタイのシンギュに。

シンギュはこれで44戦43勝だが、そのうち17人がフィリピン人ボクサーとのこと。なお、1敗の相手は2009年WBCユースタイトル防衛戦のStephane Jamoyeである(SD)。

バナルはこれまで敗れたのがRコンセプシオン(WBA暫定スーパーフライ決定戦)だけだが、コンセプもこの日のシンギュも泥臭いファイター。バナルは切れの良い動きを見せる選手で好きなタイプの選手なのだが、どうも力押しには弱いようだ。

シンギュはそのタフネスから見てムエタイ経験者に思えるが、あの姿勢はムエタイからはかけ離れていて、どうやってああなったのか少し興味がある。タイのタフネスでは、先日コンパヤックがアドリアン・エルナンデスとの敵地リマッチで敗れたが、あれは打たれ過ぎ。シンギュは結構デフェンスが固い。ただバナルはもっと右フックをテンプルに、左アッパーを顎に打てなかったかと思う。

♦  ♦  ♦  ♦

セミはレイ・ブンブン・バウティスタ(フィリピン 33(25KO)-2(1KO)-0) vs ルイス(メキシコ 27(19KO)-4(2KO)-1)のWBOフェザー級インター王座決定戦。2007年ポンセ・デ・レオンに1RKO負け(WBO世界スーパーフライ級戦)を喫してから5年、26歳のバウスティタが初回から強打を揮い、タフで大柄なルイスのカウンターに遭いながらも押しきり、2-1判定勝利。しかし、フェザー級の世界トップ戦線で戦うにはパワーの面でも技術の面でも厳しいものを感じた。

♦  ♦  ♦  ♦

それにしてもフィリピナは好戦的だ。とりわけこの日のバウティスタはそうだ。しかし世界のトップ戦線でもこの戦い方で行くのだろうか。それならこの日の相手は圧倒しなければならないだろう。ともかく前へ出て正面からの攻めは、ともすると単調に見え、危い被弾もしばしば。このレベルでこの戦い方を貫けないようでは…という考え方もあるが、別の戦い方もできないと、とも思う。それができた上での今日の戦い方ならというところであろうか。といっても、私は彼の試合はこの試合とポンセ・デ・レオン戦しか見ていないのであるが。とにかくデフェンスがもうちと何とかならんかと。今日の相手を圧倒できるパンチ力がない以上は。

西岡戦を終えたばかりのドネアが解説というのが贅沢だった。

by いやまじで