FC2ブログ

HARD BLOW !

今夜はWBAバンタム級統一戦でしたね

ここのところ色々多忙でありまして、スッカリ忘れてました(笑

休養チャンピオンが強敵ウーゴ・ルイスを迎えての大一番という事で、展望記事など書こうと多少の準備はしてましたが・・
改めて最強挑戦者と言われるルイスの映像アルバロ・ペレス戦を見ると中々の好選手である事が判ります。
対戦者のペレスは3年前、長谷川穂積選手に挑戦(4RTKO負け)した事もある体の柔らかい機敏な選手でした。最近ではフェルナンド・モンティエルに3RKO負けと一流どころには流石に歯が立たない中堅ランカーといった所か。
そのペレスに対してルイスは9R負傷判定勝ちでWBAバンタム級暫定王座を獲得。
内容はけして褒められるものではありませんでしたが、長い右ストレート左のショートフックの鋭さ、そして得意の右アッパーの威力には見るものがありました。
ルイスはここまで32戦を経験していますが、レコードを見る限り世界で戦うという意味でのキャリアはスタートしたばかりの発展途上。このまま順調に行って、更にボクシングの幅が広がればジョニー・ゴンザレス級の王者に成長する可能性があると思います。

さて、試合まで2時間を切りましたがブランク明けの亀田選手はどうなのか?
左ストレートは当たるでしょう。
そしてサイド、サイドと自在に動ければ判定までもつれるかも知れません。
ルイスの右ショートアッパーで決着かな?

と、こんな記事見つけました。

興毅、「パチパチパンチ」で防衛や!…WBA世界バンタム級戦

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20121121-OHT1T00266.htm?from=related

数年前、マニー・パッキャオが木の細い棒でマスター・ローチに体をペシぺシ叩かれている映像を見た事がありまして、「これは何の意味があるのだろう?」とずっと疑問に思っておりましたがやっと納得。
思わぬところで数年の間、記憶に引っ掛かっていた謎が解けました(笑

B.B


WBAバンタム級タイトルマッチ 試合結果

王者 亀田興毅(亀田)対 同級1位 ウーゴ・ルイス(メキシコ)

判定 2-1 王者 5度目の防衛成功