FC2ブログ

HARD BLOW !

粟生、敗れる!!

東京国際フォーラムで行われたWBC世界SFe級タイトルマッチ、粟生隆寛vsガマリエル・ディアスの試合は、3-0のUDで挑戦者ディアスが新チャンピオンとなった。(TV観戦)

 それにしても、
「もうー、何やってんだよ、粟生!!」
 と、言いたい気分である。
 この日の粟生を見ていて感じたのは、

〇流れが悪い時にリズムを変えて、ペースを引き寄せること。

〇相手の動きを待つのではなく、自分の動きで相手を動かすこと。

 こういったことができなかったということだ。
 今日の粟生は、極力前に出てディアスの突進を制し、近い距離でパンチを当ててダメージを与え、その結果のKO勝利、というのがファイトプランだったろう。戦いぶりを見る限りそう思える。しかし、ディアスもさるもの、もともとよく伸びる右を長短・強弱・上下左右、と変化をつけて使い、粟生にタイミングをつかませなかった。これに対して粟生は新な対応策を見出せなかった。もちろんディアスを研究して、それに応じたトレーニングもしてきただろうが、実際に戦って作戦が功を奏さなかった時、次に何をすべきかを見いだせなかったようである。あるいは、帰るべき自分のボクシングを見失ったのかもしれない。いたずらに前に出るもののパンチが出ず自分は被弾する。被弾するからますます手が出なくなる。カットし、スタミナロスし、ポイントをリードされ、終盤逆転KOを狙うしかなくなるというのは、粟生の試合ではない。
 査定マッチという文脈が粟生の戦い方に影響はしただろうが、それは言い訳にならない。勝利(防衛)という最低限の結果を残せなかたことは、プロとしての能力の一つ(危機管理能力)の欠如を表すのだから。
 この試合は粟生にとってキャリアの転換点、飛躍へのステップとなるべき試合だった。しかし、粟生は敗れた。その事実は誰よりも粟生自身に重くのしかかっていることだろう。
 試合内容から見て、粟生はディアスより弱かった。とすれば、粟生がすべきことは何か。この事実(たんに敗戦ということでなく「弱かった」ということ)を正面から受け止めること。そうしてもっと強くなること。それだけである。粟生選手、もっともっと強くなって帰ってきてくれ!!

by いやまじで

付記 ちなみに今日の中継は、解説・実況ともに粟生に過度に肩入れしていなくて安心して見ることができた。(解説は飯田・セレス・内山)

回顧録6

旧徳さんとコンタクトが取れたとなると、当然ボク愛さんも会いたくなるのは人情です。しかし旧徳さんが来る目的が、一応は「市民団体(笑)のメンバーと会うこと」であり、そこを除名されたばかりの身である自分が行くと問題がある、ということでボク愛さんは辞退しました。
その代わりに、榎さんから預かった、対ガルサ戦のDVDを「ぜひ旧徳さんにも」と託されたので、私がそれをお渡ししました。その後、旧徳さんは映像関係に強いということから、「今後あの映像を色んな人に見てもらうにあたり、試合全部を見るのは大変だから、要所要所だけ拾ってダイジェスト版みたいのを作れますか?」という厚かましいお願いをしたところ、ソッコーで作ってくれたのが、あのYouTubeにあがっている検証映像です。

さあ、今度の日曜は旧徳さんが来るぞ、ってのはいいんですが、その前にボク愛さん除名発表がありましたね。これも、私といやまじでさんとNさんの3人は、4時起き氏とボク愛さんの話し合いで決まったものと思ってましたが、実情は私の「回顧録5」やボク愛回想録にある通りです。
ちょっとわかりづらいかもしれませんので要約すると「私は除名でけっこうです。しかし代表が決まってこれから組織として活動する以上、こうしたことは全員の決を取りましょう」というボク愛さんの提案に対し、「決を取るのはいいけど、もし除名反対の声が多かったら私が代表降ります」という投げやり宣言がここで炸裂。そこで「反対する人が出てもめても困るので、(ボク愛は除名にするという)根回しは、私自身がやりますから」という流れがありました。
これからクビにされるという人の方が、その組織のことを気遣った発言をしてるという奇妙な構図です。

しかし蓋を開けてみれば、代表様が、(今は亡き)会の掲示板と拳論上で「会の代表としてボク愛氏を除名します」と高らかに宣言しちゃった挙句に、その後各メンバーに「私の決めた処分は除名ですが、その可否を返答してください」と、これまたおかしなことを言いだしました。
いや、だって…代表の権限で除名なんでしょ?と突っ込みたくなるんですが、代表が除名と言っちゃった以上、皆戸惑いながらも賛成票を投じました。ボク愛さんの「決を取る」が気に食わなくてツルの一声で決めたというならいいですよ。だったらその後に敢えて下々の声をお聞きになるのは何の意味があるんでしょうか?そこで仮に反対が多かったら、今度こそ「じゃあ俺やーめた」ですかね。。

どうもこの方、海外が長かったせいか日本語がチグハグな時がありますが、こういうのは国語の能力の問題じゃなく、単に「人の話を聞いていない」というだけでしょう。真剣に話をしてる相手に対して、まったくふざけた態度です。
ボク愛さんの「問題発言」以降、K記者と4時起き氏に対する違和感はジワジワ大きくなっていきましたが、まだこの時点では、上記のようなボク愛さんと4時起き氏のやり取りも知らなかったし、ボク愛さん自身が「とにかく今は、せっかくの火種を消さないように」と、会の存続を第一とした話をするのみでしたので、私も雑念は振り払うようにしておりました。

そして7月17日(日)、いよいよ御大・旧徳さんの登場です。新宿で待ち合わせし、不当に高いアイスコーヒーを出す喫茶店で3~4時間お話ししました。私は途中から腹が減って来て、こんな店じゃなく「つぼ八」にでも行けば良かった…と後悔しましたが、楽しい時間が過ごせました。
旧徳さんの印象はほぼ予想していた通りで、まあとにかく頭の回転が速い(お世辞じゃないですよ)。貯蔵してる知識の絶対量もケタ違いではあるんですが、そこから適切なものを、より速くピックアップできるんだと思います。もう私とでは、スーパーコンピュータとゲームウォッチくらいの差があります。

この日は、私たちも市民団体(笑)のメンバーとして会ってますから、メンバー募集に応じて集まり、最初の会合があり…と、まずは順を追って経緯をお話しました。当然その流れでボク愛さん除名のことも話しましたし、よせばいいのに、4時起き氏直伝のスブドネタまで披露してしまいました。ああもう、本当にあれは消したい過去ですね。改めてちゃんと聞いたことないですが、あのスブド関係の話しをした時、旧徳さんはどう思ってたんでしょうね?昔の同級生に呼びだされて会いに行ってみたらア●ウェイの説明会だった…みたいな感じでしょうか。今度教えてください(笑)。

帰り際には勿論、互いの連絡先を交換して別れたんですが、その後旧徳さんからは、観戦した試合の感想や、亀ちゃんブラザースの面白広告映像等が送られてきたりして、メールでの交流が続き、翌月にはいよいよ、こちらから大阪に乗り込んで行くことに…となるんですが、これはまた別途お話します。
そしてこの日から一週間と経たないうちに、私ウチ猫が市民団体(笑)から離れる決意をしたことが起こるんですが、次回はそこから書いていきます。