FC2ブログ

HARD BLOW !

20121027粟生vsディアス ―査定マッチ―

WBC世界SFe級王者、粟生隆寛(23-2-1,10KO)が明日27日Gディアスと4度目の防衛戦を行う。粟生選手と言えば、私にとってWガルシア戦が思い出される。2010年4月30日日本武道館、長谷川vsモンティエル、西岡vsバンヤゴン戦のアンダーである。

2008年4月に榎洋之とのWBAFe級エリミネーター戦で引き分けた後、2009年3月老兵ラリオスから2度目の挑戦でWBCFe級世界王座を奪うものの、その年7月の初防衛戦でEロハスにタイトルを奪われる。階級をSFeに上げた再起戦でFビロリアに判定勝ち。ビロリアはこの3ケ月前にWBOSFe級王者Rマルチネスに挑戦し9RKOで敗れているので、粟生にとっていきなりの査定マッチだったが危なげないUD勝利。Wガルシアは、2006年にEバレロに1RKO敗、2008年にJリナレスに5RKO敗(WBASFe決定戦)、2009年Yガンボアに4RKO敗(WBAFe世界戦)と、ビッグネームとの対戦が目立つ強豪。

私は生観戦したが、階級アップしたためか序盤力みの目立つ粟生を見ていて、非常にイライラした。ついに「アオー!!、楽に打て、楽に!!」と静かな会場内の2階席から大声でアドバイスを飛ばしたものだ。そのかいあって?粟生は回転を重視した軽打を増やし始め、8Rストップ勝利を収めた。直後の粟生は号泣していた。比較対象の多いガルシアにはどうしてもKOで勝ちたかった。判定ではだめだ。そんな思いがあったのではないだろうか。

このようにいろんな勘違いもあってファンとしては楽しい生観戦の思い出がある私にとっての粟生選手。その後2010年11月、アテネ五輪銅メダルのアマエリートVタイベルトに見事なカウンターを決めてダウンを奪い、WBCSFe王座戴冠。2011年4月の初防衛戦では元暫定王者Hグティエレスを文句のないKOで退ける。ここまではよかった。同年11月、Dボスキエロ戦は苦戦のスプリット判定防衛。というか、代々木第2でのこの試合、生観戦した私の目からは粟生の負けである。たしか戦前に粟生は最新医学技術も導入してコンディショニングに励んでいたのだが、なぜか試合中にガス欠状態になったようで、苦戦の原因は調整の失敗ということにされ、本田会長からは厳しい言葉がとんだとの情報もあった。ボスキエロが攻撃的でタフな好選手であったことは確かだが、中盤からのヘロヘロ粟生の海外なら暴動もののなりふり構わぬクリンチ攻撃はちょっと異常だった。(結局この試合の苦戦の原因が何であったのかはいまだ分からず、私にはちょっと引っかかっている。)

2012年4月、タイの実力者ターサク・ゴーキャットジムにUD勝利。こちらは粟生が序盤にターサクのパンチを見切り、力を技で制した一戦だった。

こうしてキャリアを積んできた粟生だが、この試合は再度査定マッチになるようだ。内山との統一戦が話題になり、粟生自身も意欲的だったが、本田会長からは海外進出を示唆する発言が出ている。

http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20121026-1037859.html

指名試合の無視などしようと思えばいくらでもできるはずだし、仮に行うにしても日本開催は不可能ではないはずだから、積極的に世界進出しようという意志表明であろう。粟生自身は「会長の言うとおり」としかならないだろうが、いずれにしても試合前のこの手の取らぬ狸の皮算用的情報にはヒヤヒヤする。もっとも、プロである以上こういう情報のさ中にあっても目前の試合に集中して結果を出さなければならないこともまた確か。そういう意味でも査定マッチになるだろう。

査定の相手Gディアス(36-9-2,17KO)であるが、31歳のメキシカン・ファイター。名のある選手との対戦はこれだけある。

2005年12月 Rゲレーロ:SD勝(NABFFe戦)  
2006年06月 Rゲレーロ:6RKO敗(NABFFe戦)
2007年 7月 Eロハス:SD勝(WBCFe挑戦者決定戦)
2007年12月 Jリナレス:8RKO敗(WBCFe戦)
2008年10月 Uソト:11RTKO敗(WBC暫定SFe戦)
2009年 4月 Zマラーリ:判定敗(IBOSFe戦)

Rゲレーロは現在WBC暫定We級王者。この11月にはアンドレ・ベルトとの防衛戦を控える3階級制覇王者(暫定がつくが)。このゲレーロとの2戦が興味深い。1では距離をとって戦おうとするゲレーロが、前へ出るディアスの攻撃をコントロールできず僅差判定に敗れている。ディアスは前へ出て踏み込んでのパンチに威力があるとともに、踏み込んだ後の打ち終わりを相手が打ち返す際、スウェイでかわし、間髪おかず返しをコンビで打つというパターンが有効だった。ゲレーロは自身も前へ出るが、ディアスも前に出てくるために距離が合わず、有効なパンチを決められない。これが第1戦だった。

2ではゲレーロが初回から積極的というより猛然と前へ出て左を打ち込んでいく。しかも出てくる相手に対して、腕をたたんでそこから打ち抜くことで効かせるパンチを打っていた。初回にダウンを奪うとその後も攻勢を緩めず6Rに強烈なボディを1発決めて試合を終わらせている。ゲレーロの試合はこの2試合しか見ていないが見事に変貌しているのが見て取れる。(ファイター化…この2試合だけかもしれないが。1Rを見比べただけでよく分かる。)

Gamaliel Diaz vs Robert Guerrero 1
Gamaliel Diaz vs Robert Guerrero 2

このゲレーロの戦い方にディアス戦のヒントがあるのではないか。ディアスはとにかく前に出て、自分のウェイトを預けながらパンチを出してくる。遠い距離からのパンチの伸びも良いし、相手の返しに対する反応も速い(というか彼のパターンである)。これを後ろに下がって捌こうとするとゲレーロとの1戦目になる可能性が高い。ある程度前へ出て、短い距離で相手の突進を止める、というより、先に前に出て短い距離でコンパクトにパンチを効かせることが必要になってくる。粟生の場合は、これにもっと左右の動きを入れてもいいかもしれない。

KOしようと思わずこちらの攻撃で相手の攻撃を封じながらダメージを与える。そうすれば粟生のカウンターが決まるチャンスも多くなるだろう。「勝つと思うな思えば負けよ」的あるいは「急がば回れ」的ではあるが、圧倒的なパンチ力があるわけではないボクサーの場合これが一番大事である。

明日の試合は、岩佐vsDデラモラ(亀田興毅に判定敗、モレノにKO敗)、三浦vs三垣も、査定試合という意味で興味深い。岩佐と山中が再び相まみえる日が来るであろうか。

最近3年間は13連勝のディアスだが、目立った強豪との試合はない。しかし年齢的に極端な衰えがあるとも思えない。ビッグチャンスと燃えているだろうし、一発を狙ってくることだろう。粟生にはとにかく集中して戦ってほしいと思う。

粟生の後半KO勝利を予想する。粟生にはKOを狙わずにKOすることを望む。試合内容はハードな打撃戦になるのではないか。

byいやまじで



付記1
Rマルチネスが2012年9月にMベルトランJrとの決定戦をコントロバーシャルな判定で制し王座に返り咲いたことは記憶に新しい。

付記2
Rゲレーロはその後サリド、リツォー、階級上げながら、ジョルダン、クラッセン、カサマヨル、カティディスと強豪を撃破してゆく。

付記3 
生観戦したターサク戦、会場の東京国際フォーラムはボクシングの試合は初めてとのことだったが、なかなか微妙な会場である。有楽町から徒歩5分はアクセスがよく周囲に繁華街もあり至便である。ただ観戦するには席によって見にくい場所があるようだ。私は客席のちょうど中央付近(同列に長谷川穂積の家族がいた)で見たが、ステージ上のリングをほぼ水平に見ることができ、距離もそれほどなく、まずまず見やすかった。1階席・2階席の後方はかなり遠いのだが、それ以上にステージ下最前列は、ステージ高+リング高で見あげる形になるので、こちらの方が見にくいのではないかと思った。前の席だからそれなりにチケットは高額だろうに、それでこうならちょっと、というところである。私が行った時は、動画撮影を防ぐためかテレビ映りを良くするためか、ステージ上方から客席に向けて強いライトが当てられていた。これは客席からリングを見るにはかなり妨げになるので勘弁してほしいものだ。要は一長一短であるが、音響や映像設備は良いし、あとは問題点を改善してほしいところである。

20120406 国際フォーラム01

20120406 国際フォーラム02

追記 2012/10/26 16:25
石田順裕選手のブログを拝見しました。世界のトップと戦い続け敗戦が続いていますが、プロボクサーとして充実ぶりがよく分かります。

回顧録5

すっかりご無沙汰している我が回顧録ですが、もうその存在すら忘れ去られている気がしないでもないですね。しかし、始めた以上は最後まで書きたいと思います。
「ウチ猫さんの回顧録を読みたい人も(たぶん全国に3人くらいは)いますよ!」と激励してくださる方もいるので、頑張ってやっていきましょうか。
※本稿では混乱を避ける為、「BB」さんではなく、当時の「ボク愛」さんで表記します。

前回は、ボク愛さんの拳論でのコメントが紛糾の種になり(といっても、4時起き氏が一人で勝手に紛糾してただけだと思いますが)、結果、除名にまで発展したというところまでお話ししました。このくだりはボク愛回想録「市民団体の続き…除名処分」でも詳述されてますのでご参照いただきたいのですが、この時期、4時起き氏とボク愛さんの間では、かなり頻繁にメールや電話でのやり取りがあったんです。
ボク愛さんからすれば、ただでさえクソ忙しくて寝る間もないのに、何とかこの会を成功させたいとあれこれ準備もしてたわけですから、「あの発言が問題になること自体は不本意ながら、紛糾させたなら責任を取ります。除名もやむなし。なんなら拳論に謝罪もします。ですからこのファンの会については…」と、立て直しに向けて建設的な意見を出すんですが、当の代表様が、いつまでもグチグチと「K記者の顔を潰した」だの、「そんなら私が代表降ります」だの、何の役にも立たない御託を並べる始末。まさに「いやまじで」さんが言うところの「一人でもやる、ではなく、一人でやりたい」のではないか、という部分が見えてきます。まあその後の顛末を見れば、一人になっても何にもやってなさそうですが。

一方、会合から数日後の7月12日、後楽園ホールでは、日本スーパーライト級王座決定戦が行われたのですが、この日は私にとって忘れられない日となりました。
この試合は元々、市民団体(笑)のメンバー4人で観戦する予定だったのですが、仕事の都合でボク愛さんが欠席し、行ったのは私と「いやまじで」さん、あとのお一人はNさんとしておきますが、その3人でした。ボク愛さん不在は残念ながら、会のメンバーとの初観戦ですから楽しみにしていたところ、突如ボク愛さん除名の報が入りました。
実は私、この知らせを、除名した方かされた方か、どちらから聞いたか忘れてしまったんですが(汗)、残念な思いはあったものの、ここ数日の流れからすれば予想はできたことでした。
代表様からは、今日、会のメンバーと会うのなら、ボク愛さん除名の件を伝えておいてください、とのご指示がありましたので、興行終了後、いやまじでさんとNさんを食事にお誘いし、事の成り行きをお話ししました。
このお二人も、いきなりの除名に驚いてはいましたが、せっかく知り合えたんだから、会とは関係なく、今後もお付き合いする分にはなんら差し支えないという考えで安心しました(まあ当たり前ですけどね)。

そしてもう一つ、この日が忘れられない日となった理由があります。
まさにこの3人で食事してる最中だったと記憶してますが、4時起き氏からメールがあり、そこには、あの関西の重鎮・旧徳さんからアプローチがあったと書かれていました。
なんでも、数日後に震災の復興ボランティアで被災地へ行き、その帰りに東京を経由するので、できたら市民団体(笑)の方とお会いして話を聞きたい、ということだったようです。しかし、4時起き氏は多忙で都合がつかないので「ウチ猫君ならヒマ人だから会えるかもよ。訊いときましょうか?」と応えたところ、旧徳さんから「では私のメールアドレスを教えますので連絡をください」と返事があった、とのことでした。
これには一瞬、(申し訳ないですがボク愛さん除名の件も忘れて)テンションが上がりましたね。旧徳さんのコメントといえば、勿論キレもコクもあるんですが、基本姿勢に一本筋が入っててまったくブレがないというところが何より凄い。それでいてカタブツではなく、たまに変な匿名クンといつまでも遊んでたりするし(笑)、とにかく魅力的で興味深いキャラクター、という印象で、いつかお会いして話をしてみたいと思っておりました。
早速その場でいやまじでさんとNさんにもそのことを話すと、当然この二人も乗り気で、では4人で会いましょう、ということになりました。

私は神仏は信じてないんですが、今振り返るとこの時のタイミングには「天に感謝」という気分になります。ご承知の通り、このあとほどなくしてボク愛さんや私は市民団体(笑)から離れていく…というか、団体自体が消滅同然になったんですが(ですよね?まだやってんのかな?)、旧徳さんからのアプローチがもう少し遅かったら、会う機会がなかったかもしれないですからね。
実際、私たちが市民団体(笑)から離れて今に至るまでの間、たくさんの方々とお話をしました。それはあくまで、自分たちの見た・聞いた・考えたことをきちんと伝えておきたい、という意味であり、決して「仲間を増やそう」とか「あいつをこっちに引き込もう」といったくだらない理由からではありません。
そうして話をしてる中で、もし一緒にいろいろ(たとえば榎さんの件等)やっていただけるのならお願いしましょう、という風になることもあれば、「我関せず」の立場を崩さない方もいます。
。いやまじでさんの場合もご本人の寄稿にある通り、どちらの言い分も公平に聞くというスタンスでしたからね。その後4時起き氏が珍妙なメールを出して勝手に自爆しましたが。

正直なところ、話を聞いてもらいさえすれば、「どちらにつくか」なんていう低俗なことは抜きにして、私たちの真意は理解してもらえるという自信はありました。だって何ひとつやましいことはしてないですからね。しかし中には、その「話を聞いてもらうだけ」というハードルが、思いのほか高い人もいまして。
街中で見ず知らずの人に話しかけてるわけじゃなく、何らかの形でリアルに接点がある人たちにアプローチしているのにも関わらず、まるで無反応というケースが二、三ありました。
自分たちの感覚でいえば、「話があるなら聞きましょう、それを受けてこちらも意見を言いましょう」となるのが普通で、話し合った上で「賛同できない」というならいいんですが、まったくレスポンスがないとなると、どうにもなりません。まるで「理屈を並べても無駄だから無視が一番」と、振り込め詐欺か架空請求の業者にでもなった気分です(苦笑)。

単に話をするだけなのに、なぜそんなに怖がられるのか、最初はけっこう気にしたりしたんですが、今はそれに固執することはしないようにしています。どんな理由であれ、私たちの話を聞きたくないというなら仕方ない。信用を得られなかったのはこちらの責任です。いつかひょんなところでまたお近づきになる機会もあるかもしれませんし、それまでは自然体でいこうかと思ってます。
そんなことが多々あったので、本当にこの旧徳さんとの出会いが実現したことは最高のタイミングでした。