FC2ブログ

HARD BLOW !

なでしこと名城

昨年の女子サッカーW杯におけるなでしこJAPANの優勝は、世界の女子サッカー界にとってエポック・メイキングな出来事だったと思う。それはなでしこが女子サッカーをスペクタクル(=瞠目すべきもの)にした点だ。

圧倒的な身体能力で覇権を握った中国、アメリカに対し、高い個人技と組織力、そして、澤や宮間や川澄の勝負強さでひっくり返したなでしこ。パワーとスピードのサッカーに、高度なテクニックとスキルのパスサッカーを対立させたことで、女子サッカーをインテリジェントでスリリングでドラマチックなものに変えた。これがなでしこジャパンの最大の功績だと思う。

昨日昼、たまたまテレビをつけるとヤングなでしこ(U20W杯)の対スイス戦を再放送していた。プレーする表情のあまりの明るさに、これまでのスポーツ・シーンになかった何かを感じた。その後スポナビでこんな記事を見た。

「ポップなヤングなでしこ なぜ楽しいのか」http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/2012/text/201208290001-spnavi.html

釜本氏のコメントも興味深いが、吉田監督の言う「自分で考える」「自分で戦う」ことの奨励とは何なのか。「今、判断しなさい、こう判断しなさい、なんて指導者が言っていたら、選手は育たない」とあるように、どう判断したらよいのかを「教えない」ことである。

「教えない」だけで選手が勝手に成長するなら皆名監督だがそんなわけがない。実際には選手のプレー意図の良い点悪い点を正確に読み、良い点をしっかり評価すること、これが選手の成長につながる。だから監督には指導者としての力量が必要になる。

選手は自分で判断を下す根拠を他から与えられないから自分の中に探し求める。自分一人の経験は狭く小さいが、使えるものを探し出すうちに、使えるものと使えないものがはっきりする。自分の経験の内容が整理され、自分の中に無かったものを自分の中に摂り入れることもでき、自分に足りないピース(欠点)が何であるかもはっきりする。

こうして選手が成長すれば、選手は誰かの判断ではなく自分の判断で上手くなるのだから、自信もつくし、楽しくもなる。

彼女たちの明るさには「自分で考え判断する」指導法が背景にあり、それが彼女たちとそれを観る者の「楽しさ」につながっているのだと思う。

なでしこのメンタリティとして付け加えておくと、監督との縦関係をあまり感じない点である。女子サッカーチームのオープンなムードはジュニアユースレベルから全般的な傾向としてあるようだが、試合中のポジション・チェンジなど自己判断(監督に確認はしてはいるが)が男子よりも多いように思われる。もっと言えば、ゲームコントロールの能力は男子よりも良い。この辺は、女子サッカーが置かれてきた厳しい環境が、彼女たちにそれを強いた面はあるのかもしれない。

さて名城である。

名城がカサレスに王座を追われた時、再戦は名城有利ではないかと思っていた。日本人世界戦で苦戦→再戦の場合、研究が功を奏してか勝利するケースを度々あるからだ。しかし結果は逆だった。1戦目が名城に分のある引分けだっただけに意外だった。その一方、カサレスに2度同じパターンで攻められた名城に、技術であれ何であれ上積みはあったのかと疑問だった。

その後の世界戦での敗戦も、何かがプラスされないと勝てないのではないかと危惧しつつ、見ればテクニシャン相手に世界を逸していた。

自分が向上しても、相手も同様に努力し進化する。だから追い付けないこともある。これはやったものにしかわからない。しかしそれも込みで自分を高めるのがアスリートの世界。女子サッカー、女子バレー、女子卓球、いずれも相手をにらみつつの、相手に勝つための、武器の備えがあった。

調印式で名城自身は「年がいってから強くなるパターンもある」と言った(西岡のこと?)。9月1日の挑戦で、彼のボクシングに何か新しい見るべきものはあるのか。彼が何を考えて試合に備え、また試合で何をどう判断するのか、まずそこを見たい。

リング禍の苦悩をモーチベーションに昇華させ初戴冠した名城 ― 今度は別の形の勝利でファンに感動を与えてほしい。

BYいやまじで

コウジ有沢in西麻布「まぐろや」

イケメンメダリストの話を聞いた後に、そこからすぐの場所にある、かつての「イケメンチャンピオン」が働くお寿司屋さんを訪ねました。元・日本スーパーフェザー級チャンピオン・コウジ有沢さんは、こちらも村田選手に負けず劣らず、相変わらずのいい男っぷり。厨房に立つ大将は、ニューヨークでトップクラスの寿司店「安田」で長らく包丁をふるっていた○○さん。このお二人が出迎えてくれるのが、「西麻布横丁 鮨 まぐろや」です。(ウチ猫)

青鹿毛とコウジさん



「どうもご無沙汰でーす!」とのれんをくぐると、いつものこのスマイルで出迎えてくれたのは双子の兄弟ボクサーで一世を風靡したコウジ有沢さんこと有澤幸司氏(41)
と、一般メディアではこんな取り上げ方で始まるんでしょうけど、僕ら素人ブログでの扱いでは上にも置きませんのでご勘弁をという事で、ざっくばらんに紹介して参ります(笑

先ずはお店の宣伝。

大将のうめさんはトップにあるようにニューヨークの有名店で8年間の修業を終えて帰国。現在はコウジさんとの共同経営でこの「まぐろや」で自慢の包丁をふるっています。
「うめさん」はたぶんニックネームで・・そう、あの「ど根性ガエルの梅さん」からと思うんですが、初対面とは思えない人懐こい笑顔と軽快な語り口は一瞬で惹き込まれます。若き日の川谷拓三さんを3倍くらい男前にした感じかな?
「いいところで握りますか!」と出された寿司は上物あわびや看板の鮪からはじまって、あなご、こはだ、いくらとどれもこだわりのまさに逸品!その他、白焼きやたいら貝の磯辺巻きなど贅沢なお品書きが次々と。

このあたりで「流石に西麻布、ちょっと覚悟が必要だなぁ」と財布の中のペソを頭の中で計算・・(汗

しかし、そこは飲んだくれの真骨頂。うめさんこだわりの焼酎(大理石のかめ!から注がれた米焼酎)やコウジさんお薦めの宮崎「青鹿毛」「赤鹿毛」をテキーラのように飲みほしながら昔ばなしに花を咲かせると、そこはすでに文字通りお花畑の世界であります(笑
まぁ、まずこの先飲めないであろう大理石焼酎は芳醇な米の香りで我が身大地に包まれたよう・・
僕がショックを受けたのは大麦の香り芳(かんば)し「青鹿毛」で世の中にこんなお酒がまだあったのか!
いや、もっと驚いたのはうめさん自慢のお漬物。この日いただいたのは「かぼちゃ」でしたが、これがなんとなめらかで新鮮な瓜のよう。ぶったまげました!

おそるおそるの「おあいそ!」でまたビックリ。
身も心も大満足のこの日のお会計お二人様は〆て大ペソ一枚に小ペソを少々(いや無粋な話で申し訳ない!)

いやぁ、しかし幸せなひと時でした。ありがとうございました!

とと、肝心のボクシング談義載せるの忘れてました・・
まぁいいや、すんません、また今度です!


まぐろや

ブログがんばって下さいね!と見送ってくれたコウジさん。
「青鹿毛」手に入りそうなんで2本くらいぶら下げてまた来ます!
by B.B

緩くて深いボクシングナイトvol.4 「生村田」に興奮!

旧徳さんの情報提供を受け、これは是非金メダリストの話を聞きたい!と勇んで出かけました。
今回で4回目となる「緩くて深いボクシングナイト」というこの企画。私はまったく知りませんでしたが、過去には石田順裕選手や八重樫東選手などが出演しております。1500円プラスドリンク代という、いまどきならそこいらのヘッポコバンドのライブだってこんなに安くないだろう、という金額で選手の生の声を聞けるなんて最高です。

金メダル!

生で見た村田諒太選手の印象ですが、これがもう最高にカッコイイ!男前なのはわかってましたが、佇まいというか雰囲気というか、侍のようなオーラをまとってますね。内容については、激安とはいえ有料のイベントですし、いくら過疎ブログといえども最初から最後まで載せるわけにはいきません。休憩をはさんで約二時間、非常に濃い内容でしたが、そのほんの一部をご紹介します。

------------------------------

━ロンドン五輪について

・世界選手権で銀だった悔しさがあるので、決勝進出の時点で喜ぶことはありませんでした。銅メダルの二人は前日負けているので、表彰式の時には気持ちが切り替わっていて笑えるんですが、銀メダルだと(当日負けたばかりなので)いっさい笑えないんですよ。肩とか組まれても「もうええわお前ら!」となるくらいで(笑)。

・決勝の入場時に笑っていたのは一つはリラックスする為と、あとは、こんな舞台に立てるのは自分だけなので、それを楽しもうと思ったからです。

・一貫してあのスタイルを続けたのは、勝てるところで勝負しようと思ったからです。ヨーロッパの選手たちとやる時など、技術の交換ではやっぱり分が悪いですから。

・試合終了後、リング下のジュリーが、青と赤の卓球のラケットのようなものを掲げて、どちらが勝ったかをレフェリーに知らせるんです。それを見ればコールされる前に結果がわかるんですが、怖くて見れませんでした。確信ですか?あの内容でそんなもんあるわけないじゃないですか(笑)。

━キャラクター(銀座でのメダリストのパレードやテレビ出演時に「控え目キャラ」であること)について

・あんな風に高いところから人様に向かって手を振るなんて、たかがボクサーがするもんじゃない、と思ってるんで…

・だいたい、スポーツ選手をそんなに神格化するもんじゃないと思っています。(活躍してる選手も)たまたま才能があり、周りのサポートがあるからできているだけで。

・ここでこうして喋れてること自体奇跡的なことで(笑)。この暗さ・身内が相手・ほどよい人数・テレビがない、ということで調子よく喋ってますけど。

━メディアについて

・48年ぶりの金メダルということですが、自分としては世界選手権の銀を経て、獲るべき目標としてやってきましたので、嬉しいには違いないですが、世間のあまりの熱狂ぶりには違和感があります。

・全日本のチームの中でも、他の選手の1.1倍か1.2倍くらいは頑張ったと思ってるので、その0.1とかの部分を身近な人に褒めてもらうのは嬉しいです。ですが、よく知らない人ほど「48年ぶりに現れた伝説の男」みたいに言われるんですよね(苦笑)。

・僕だって酒飲んだらパッパラパーになるんですから(笑)。

・しずちゃんとは全日本合宿で一緒になりましたがメッチャいい人です。これからもチャレンジしていけばいいと思います。ただ(しずちゃんがキッカケでアマチュアボクシングを)メディアで取り上げてくれるなら、競技レベルの高い人も同様に取り上げてくれないと失礼だと思います。  ※()内はウチ猫による補足

━今後の進路

・プロ入りはゼロです。悩みますけど、第一希望でない、ということは成功しないと思いますので。

・ボクシングって、スポーツ科学から取り残されてる競技だと感じているので、スポーツマネジメント等の勉強をして、そういう方面で貢献していきたいのが第一希望です。

・自分の試合を見返すと、まだ伸びるような可能性もあるような気がするので、完璧に引退とも言い切れません。

・ただ第一希望は勉強なので、それをしながらリオを目指す環境があれば…とも思います。しかし、今は東洋大学にお世話になっている身なので、大学との話し合いを抜きに、勝手に自分の希望だけをメディアで喋ったりするわけにはいきません。もう少し休んで考えて、関係者と話し合って決めていきます。

------------------------------

村田選手の言葉だけを抜粋しましたが、司会進行の本郷氏や藤原トレーナーとのコンビネーションや、時折混ざる柳光和博さんのヤジなど、シャイとはいえさすが関西人!と唸る面白さでありました。他には、恩師である故・武元前川先生とのエピソードもたくさん話してくれましたが…これはこのダイジェスト版でサラッと書くのは勿体ないので、書くとしたら、また稿を改めてご紹介したいと思います。

本当に人間味あふれるキャラクターで、いっぺんに大好きになってしまいましたが、しかしやはり彼の成し遂げたことは、残念ながら(?)「神様扱い」されてしまうに値する大偉業だと思います。金メダルが重荷になったり、あるいは少したてば何の役にも立たなかったり、何かとこれから大変だろうとは思いますが、どんな道を選んでも、そのボクシングスタイル同様、ブレない心で頑張ってくれるものと期待しています。

(ウチ猫)