FC2ブログ

HARD BLOW !

オリンピック 判定問題と政治プロパガンダ

 やらかしたといいますか韓国サッカー代表の政治パフォーマンス(と呼ぶに値するのか?)で終わった後まで紛糾するオリンピックですが、度々覆った判定とともに後味の悪さを残すことになりました。私個人の感想としては「愚かだ」としか言いようありませんが、国家の経済成長の途上でスポーツを国威発揚に使うことはまあままあること。件の政治宣伝行為を韓国の大衆が「良くやった」と評価してるなら、韓国に行ったことのない私は「彼の地は成熟に程遠い野蛮な段階なのであろう」と推察するほかありません。WBCでのマウンドへの国旗立て、サッカーW杯アメリカ戦での冬季五輪ショートトラックへの意趣返しとも相俟って、国家間の闘争として国際競技へ邁進するその姿勢が仁川空港やサムスンやKIA、ヒュンダイなんかの成功の秘密かしらと想像したりするのですが、そのような精神状態を常態とする社会が果たして幸福なのかと立ち止まって考えてしまいます。本来の韓国社会の精神の基盤となる儒教の精神というのはああいう行為とは対極だと思うのですが…。

 今回のオリンピックでもう一つの困ったトピックとなった誤審ですが、私はある競技が公正性を担保することにどれだけ熱意があるかの指標は何だかんだいって電子機器・ビデオの導入具合にあると思います。人気スポーツであるテニスにチャレンジの制度が出来て広く周知されたことは誤審の多さであり、抗議の制度化でゲーム性もアップするということです。かつてマッケンローが(古いねえ)インアウトの判定で怒って審判を罵倒してはペナルティを受けてましたが、実は結構な割合で彼が正しかったのだろう、と今になれば分かります。当時は単なる『悪童』扱いでしたがね。競泳や陸上は水着問題やドーピング、選手のセックスチェックなどで紛糾はありますが、こと競技においては電子機器による計時で結果がはっきりしてて安心して見れます。一方個々のジャッジに判定が委ねられる柔道とボクシングは今の運営ではファンの理解を得るのは難しいなあと感じます。両競技とも頻繁なルール変更でコロコロ判定基準が変わり、オリンピックくらいでしか試合に触れない大衆は置いてけぼりです。柔道が公正化の為にとっているジュリー制度は、判定が変わるのが余りに唐突だし審判の存在異議も否定している。武道性・精神性を保ちたいという日本の柔連の思惑は分かりますがそれはスポーツ化と矛盾する要求だし、国内の大会と国際試合の運営が違いすぎて日本のファンは混乱するだけです。ボクシングはプロも含めて「地元判定」「選手の格」「レフェリーの好み・気分」で判定が曲げられることが常態化しており、『注目度の高いステージでやらかして慌てる』という負のサイクルが続いている。こんだけプロもアマも運営がグダグダでも試合が面白いということは奇跡的なことです。ボクシングは政治力で判定を曲げてきた歴史が長すぎて関係者の公正性の感覚がマヒしており、「変に感じるかも知れないけど、こういうスポーツなんだよ」と開き直っているようにしか見えない。お互い迷走は深いと感じます。そんな混乱する両競技が参考にするべきはレスリングのチャレンジ制度だと私は思います。セコンドがチャレンジを申し立て公開の場でビデオを見るというあの制度はかなりうまく出来ているし、競技を面白くする要素にもなっている。フェンシングなどは電子機器とチャレンジの併用を行っています(時計壊れたけど)。

 もう一つ大きな事件となった体操の団体の採点ですが、技の完成度の比重が高い現在の採点基準は実はフィギアスケートと同じです。バンクーバー五輪の折にはキム・ヨナと浅田の採点を巡ってスケート界の事情を知らない皆さんによって玄界灘を挟んで壮絶なウンコの投げ合いが行われましたが、採点基準に合わせた演技をすることは勝つためには当然のことです。男子でも四回転を飛ばずに安全な演技をして金をとったライザチェックを4回転跳んで銀だったプルシェンコがボロクソに言って半泣きにしてましたが、ゲームとしてはライザチェックの行動は正しいわけです。ただスポーツとして技のイノベーション止めるようなルールはどうなの?と言うプルシェンコの意見も良く分かります。体操競技にも「難易度をこそ評価しろ」という揺り戻しが必ず来ると思います。その時に「日本人を狙い撃ちしてる」とひがむのでなく対応できるように準備をしておくことこそが重要です。すぐに民族・人種差別に結びつける思考法は実は、あの愚かなプラカードを出した韓国選手や彼を支持する無知な大衆と同じなのです。スポーツというのは政治や国家に従属するものではなく、実はそれこそが人間が生きる目的であり、スポーツこそが国家よりも政治よりも遥かに重要なのです。

         もう日韓戦は面倒くさいからしなくていい(旧徳山と長谷川が好きです)

OPBFライト級タイトルマッチ 荒川仁人×嶋田雄大

いよいよメイン。ここ何年かは、嶋田選手の試合を見る時はいつも「もし負けたらこれが最後になるのかな…」という思いを抱いて会場に入るんですが、そのたびにしぶとく生き残ってきましたね。前回の岩下選手との試合では、まだまだ日本中位ランカークラスにとっては高い壁であることを証明してくれましたが、今日の相手はWBCの最新ランクでは1位まで登りつめた荒川選手。勝てば一気にランキング返り咲きとなります。
一方の荒川選手も、世界を目指す以上は「勝って当然。問題は勝ち方」ということが求められるでしょう。往々にしてスロースターター気味の荒川選手に対し、嶋田選手の右の大砲が、いきなり序盤に当たるようなことがあればひょっとするかも…なんて考えながら試合開始を迎えました。

◆◆◆

ともにボクシングIQが高く、それでいて利き腕のパンチには一発の破壊力も持つ両選手。初回は、互いに前に出した手で距離をつかむこと、そして相手にはそれをさせないようにすることに終始。セミとは正反対の静かな立ち上がり。
先に空間を支配したのは嶋田。二回からは上下に、ストレート、フック、アッパーと、様々な角度で放つ右が効果的にヒット。自分だけが好きに打ち、その後はくっつくか離れるか、どちらにしても荒川の反撃が空を切るような展開に持ち込んだのは流石というべきか。余計な力の入っていないリラックスしたパンチながら、非常にいいタイミングで入る為、しばしば荒川の動きが一瞬止まるシーンも。
四回終了時は一人が38-38。二人が39-37で嶋田支持。

このままでは容易にペースを変えられないと判断したか、五回から荒川はゴリゴリとした肉弾戦に活路を求める。多少の被弾をものともせず、とにかく嶋田の体のどこかにパンチを当ててさえいれば、そのうちいいのも入るだろう…そんな風にも見える、ちょっと「らしくない」戦術。
しかしそれでも嶋田の集中力は素晴らしく、六回までは完全にペースを掌握。これを最終回まで続けられるかどうか…そう思った七回終盤、嶋田が「突然」ダウン。
ようやく荒川が、相撃ち覚悟でいくつかパンチを当て始めたとはいえ、まさか倒れるとは…しかも、滑った・転んだダウンではなく、明らかに効いてしまっている。立ちあがったところでゴングが鳴ったが、見たところこのダメージは深刻。

八回、嶋田は最後のアタックに出る。荒川もそれに呼応するように打ち合いになるが、セミの試合と同様、乾坤一擲の一撃が炸裂することはなく、かすったようなテンプルへの右フックで嶋田が崩れ落ちるようにダウン。ノーカウントでストップとなった。「壊れている」という表現は大嫌いなのだが、やはり歴戦のダメージが蓄積していたのではないかと思える。
いつものように相手を讃え、四方に深々とお辞儀をする嶋田を見ているとどうしても感傷的になってしまうが、この年齢まで第一線で活躍してきたことには最大限の敬意を払いたいと思う。
試合を振り返り荒川は「体力勝負という作戦は最後まで使いたくなかったが、もうそうせざるを得なくなるほど、嶋田さんの精神力・技術はすごかった」と語った。

◆◆◆

荒川選手、自分自身も、勝つには勝ったが内容は…と思ったんでしょう。それほど嶋田選手の出来は素晴らしかった。最後の八回、心の中では「嶋田頑張れ!」と応援しつつも、「いやしかし荒川は、この回で倒しきらなきゃダメだ」と思ったりして、複雑な心境で見ていたんですが、終わってみれば順当な結果でした。
こういう好漢同士のサバイバルマッチだと、どうしても勝敗のコントラストが残酷に見えてしまうんですが、これがボクシング。荒川選手には今後一層の精進を、嶋田選手にはただただ「お疲れ様でした」としか言えないですね。

OPBFスーパーフライ級タイトルマッチ 赤穂亮×戸部洋平

今夜のダブル東洋戦は、非常に対照的な挑戦者二人が、世界ランカーの王者に挑む、という図式でした。
わずか5戦目で王座を狙う若い戸部選手と、長らく保持していた世界ランクを失い、背水の陣で、41歳の誕生日の今日、大一番を迎えた嶋田選手。両王者にとっても、上を目指す以上は当然負けられないものの、大きなリスクも伴う試合なわけで、「よくぞこれが実現したな!」というカードです。
私が朝10時にホールへチケットを買いに行った時点で、指定席は残りわずか。観戦はセミセミからになってしまいましたが、その時点ではもう会場は満員御礼で、ファンの期待の大きさがわかります。

赤穂選手の試合は、2年くらい前に何試合か見ましたが、その時の印象は「とにかく豪腕」。バタバタとした、何だか落ち着かないスタイルなんですが、どこからでも一発で試合をひっくり返すそのパンチ力は魅力です。
戸部選手は未見でしたが、何と言ってもあのタフなラッシャー河野公平選手を、プロ3戦目で降したというのはタダモノではないでしょう。優秀なアマ戦績もある選手なので「追う赤穂、捌く戸部」という展開が予想されましたが…

◆◆◆

開始早々、予想は裏切られる。なんと両者ともに、大きな左フックや右のオーバーハンド等を振り回し、いきなり最終回の打ち合いのような光景が。どちらもガードが低く、また繰り出すパンチがどれもフルスィングなので、大味と言えば大味ながら、非常にスリリングな立ち上がりとなる。
戸部陣営としては、敢えて赤穂の土俵で勝負して、それでも圧倒してやる!という自信があったのだろうか。

しかしこの選択は裏目に出る。二回終了間際に赤穂が放った左右フックが戸部の顔面をとらえ、ロープにもたれて棒立ちに。この時、一瞬ではあるが完全に意識が飛んでいたように見えたが、そこでちょうどゴング。あと10秒あったら終わっていただろう。
インターバルでは回復しきれないダメージを負った戸部だが、細かく手を出して少しずつペースを取り戻そうとする…が、またも終了間際に連打をもらい、あわやの場面に。キャリア初の大苦戦。

四回終了時の採点は三者とも39-37で赤穂。さあここから益々赤穂はイケイケになるかと思いきや、ガクンと手数が減る。しかしラスト30秒~1分くらいからは連打を繰り出して襲いかかるので、ラウンド終了間際でジャッジにアピールする作戦なのか、それとも少しずつ当たり出した戸部のパンチを警戒してのことなのか。いずれにせよ五回~七回は動きの少ない展開。互いに序盤から、あれだけフルスィングの空振りを続けてたので、かなり疲労もあるかもしれない。

このまま両者ともに消耗して判定決着もあるかも、と思ってた八回、やはり回の折り返しからラッシュを仕掛けた赤穂がダウンを奪う。これは、バランスを崩したところをこづかれたようなダウンに見えたが、しかしここまでの蓄積したダメージが戸部の体を重くしているのは明らか。
ようやくチャンスが来たとばかりに仕留めにかかる赤穂に対し、戸部も前に打って出る。この相手に、ダメージを引きずった体で下がりながら捌こうとしても、逆に飲みこまれてしまう可能性が高いので、これは正解。
しかし、回転の速さ、パワーの差は如何ともしがたく、打ち合いの中で赤穂の左フックがジャストミートした瞬間、レフェリーがストップ。8ラウンド2分58秒(だったかな?)、TKOでチャンピオン赤穂の防衛となった。

◆◆◆

久々に見た赤穂選手、相変わらずの豪腕も健在でしたが、以前気になってたバランスの悪さもやや見受けられました。ガードされていても、相手の体にパンチが当たっている時はリズムよく攻められるのですが、空振りした時や、相手の攻撃を受けて真っ直ぐ下がってしまう時等、必要以上に体勢を崩してしまうので、今後、より相手が強くなるにつれ、改善の必要がありそうです。しかしパンチがあるというのは大きいですね。
戸部選手は、今日に限っていえば、二回終わり際のダメージが尾を引いてしまった印象で、本来はもっと幅の広いボクシングが出来るんだと思います。有力選手がひしめくクラスですので、これからの活躍に期待したいと思います。