FC2ブログ

HARD BLOW !

当たって砕けろ!・・  それでもボク愛

平成23年11月8日 午後8時  於 勝又ジム会長室

私とNさんはほぼ予定時刻に到着しました。

「それでもボク愛は私です」と名刺交換のあと、これまで拳論に情報を流してきた事、
特に夕刊紙の記事(スパーリングパートナーによる亀田負ける発言)についての取材方法に問題ありとされた件について、これは私の情報によるものでしたので「やはり、あのやり方については私の方に問題がありました。拳論のコメント欄で勝又さんが反論された内容は概ねの部分で筋としても正しいと思います。当時は完全に冷静を失っており、それどころか砂上の楼閣などという別のHNでさらに反論や批判を繰り広げました。この一点をまず謝罪しなければなりません。ただ記事の内容について(私の情報部分)は事実であります」

「事実かどうかを問題にしているのではありません。問題は拳論のコメント欄でも提示した通り、公式な記者会見なり、取材申し込みをするなど正当な取材方法だったならば文句は言いません。むしろ試合を盛り上げる事になるならば個人的には良いと思いますよ。しかしその発言をしたという選手はこちらと一定の契約下の選手ですから、いかにプライベートな発言としても、選手本人の承諾もなく記事にするような勝手は許されません。仮にもジャーナリストと彼は名乗っているわけですから。私としては正当な抗議をしたまでです」

(この中の当事者である選手はスパーリングパートナーとして来日する以前に、日本では3戦(2勝1分)している外国人選手で私とは言わば義兄弟の間柄でした。その彼が亀田兄弟のスパー相手として来日するなんて・・これも私の因縁だったのでしょう、何から何までが重なりました。彼は弟分のようなものでしたので、彼には事後報告でもいいかという安易な判断でした。実際この証言については日本のメディアが取り上げる事は後に彼には伝えており、これまでのようにK記者にとって二次情報にならぬように国際電話での取材が出来る段取りもしました。K記者はその経歴から英語も堪能と私は思っていましたので、それほど難しい事では無いと思われましたが結局は実現していません)

さて、謝罪すると言った一方で私のその後の態度はまったく真摯なものではありませんでした。

互いに初めて顔を突き合わせ、事の発端を話し終えたところでとりあえず選手紹介(挨拶)は終わった・・私は先制攻撃をしかけるべく、間髪入れずに聞きました。

「ところで拳論でのボクシング振興会なるハンドルネームの書き込みは勝又さんご本人ですか?
その後も勝又名義での書き込みもありましたが、その内容はあまりにファンを愚弄するものと思いますが?」
とたたみかけたのです。

それはまるで初回のゴングが鳴りグローブタッチを拒否していきなり殴りかかるような、あるいはリング上の相手の前で腰を振り、舌を出すような行為だったかも知れません。

しかしその質問はいずれ率直に聞かなければならない事でしたし、それとネット上で噂される人物像そのままの人なのかを確かめるには手っ取り早い戦法でした。
絶対にはぐらかされてはいけない、得意のガチンコ勝負を挑むのだ・・
一触即発が予想された会談のこの第1ラウンドに全てを賭けたのです。

この時、同行して頂いたNさんは「今日は無事には帰れない」と覚悟を決めていたそうです(笑
私は初めから特攻隊の覚悟でいましたので、平静を装いましたがすでに頭の中は沸騰しており、Nさんを巻き込んでいる事などスッカリ忘れていたのです。
Nさんにも本当に申し訳なかったです。

さて、勝又さんといえばそんな挑発野郎の誘いに乗る事も無く、実に淡々と話し始めました。

続く・・

奇跡的な会談・・  それでもボク愛

私の心象風景の中では誇張では無く、それは生涯の敵として決して交わる事など無いと思われた人物との会談でありました。 
それはその人物も、もしかしたら同じように思われていたかも知れません。
しかし、このままではいけないとはずっと考えていました。
この日、この会談に向かう前にある方にメールを送りました。
一部氏名の部分を伏せており( )内は補足部分です。

 さて、長くなりましたが今日の本題です(笑
ある人物を介して「会いたい」と接触をしてきました。断る理由も無い、というかむしろ聞きたい事が山ほどあるので今夜勝又ジムに行き会って来ます。

証人として○○さんに同行してもらいます。

拳論的には(コメント欄での)ボクシング振興会での書き込みが本当に彼自身なのか?
それが本当ならばファンを愚弄する(数々の)コメントは如何なものか。
7月1日の(N選手によるK記者)ストーカー(疑惑)事件について。これは○○の捏造と確信しますが、○○をストーカーしたといわれるN選手本人がいれば直接聞きます。

またこの日に向け○○に送られたとされる襲撃予告メール(回想録「ファンが盾となった日」参照
)は本当か?

何れは亀田問題総括の過程で会談したい希望がありましたので、僕としては願ったり叶ったりな訳です
が、業界の中でもあまり評判のよろしくない人物のようなので、はてさてどうなることやら(笑

また、対立からは何も生まれない、対話によって解決すべき、が僕のモットーなので勝又氏の主張に一分でも同調出来る部分があったとしたら、多くのアンチ亀田を敵に回す事になるでしょうか(笑
まぁ、まずは対話の出来る人物である事を祈ります。こちらも忙しい身なので(笑
無事に帰って来られたら(これも冗談です)今夜内容をメールします。
 

私は平和協定に赴くのではなく、むしろ新たに宣戦布告までするつもりでしたから、誰かに伝えて自らの退路を断つ思いでこのメールを送ったのでしょう。
しかし、当時の私の精一杯の強がりがこの文面からは伺えます(笑 

続く・・