FC2ブログ

HARD BLOW !

前兆・・   それでもボク愛

7月9日の前日だったでしょうか。
日課であった拳論を開いて見ると新しい記事がアップされていました。
拳論ファンとしていつもは楽しみにしていたはずの記事でしたが、この時ばかりは驚きました。
そこには早くも「ファンによる市民団体発足」と書かれていたからでした。

ファンの会はこの時点では名称も代表も今後の予定すらもほぼ白紙の状態でしたし、記事を書いたK記者も立場上この会には参画しないと明言していましたから、尚更驚きでした。

拳論が出発の会である事に間違いはありませんし、記事として取り上げて頂ける事は大変にありがたい。
しかし、第2回目の会合を控えたこの時点では、何度も申しますが何も決まっていないと言っていい状態だったのです。
私にとっては、集ったメンバーの合議の末に決定されたものであれば、市民団体でも市民サークルでもファンクラブでも良かった。ただ、対話による理解と納得をモットーとしたい私は、圧力団体を連想させる市民団体という言葉は避けたかったというのは本音にありました。
しかし反面では、市民団体として対立軸を明確にした方が運動は起こし易いという意見は容易に理解出来ます。
ただし、これはあくまでも集ったファンの中から出るべき意見であり、合議の末の決定事項でなければなりません。
さすがにこれは意見しなければならないと思い読み進めると、さらには「野次馬の集まりになるおそれ」という批判的な言葉が続く。

私には何も始まっていない会に対して、ましてや何も報告もしていない時点でのこの決め付け方は、あまりにファンをそして集ったメンバーを馬鹿にしている、この上から目線は何なのか!と感じました。
発起人の一人としては正直、集った方々に申し訳けないという気持ちもありました。

拳論が既成事実のように会の性格を明確に記述する事は、イコール「拳論が主体」という錯覚を生み、集ったファンの自主性を奪う事になりはしないか?

ここで紛糾させるのは如何かとも思いましたが、まさにこれからという大事な時期でしたから、一晩思案した末の会合当日の早朝、これはあくまでも個人的な意見とした上で次の趣旨のコメントを投稿しました。

「市民団体という言葉は会の中から出たものではない」
「それを決定事項のように書かれた事の意味が理解出来ない」
「何も始まっていない会に対し(敬意も無く)野次馬の集まりとはどういうことか?」
「現時点では静かに見守って頂きたい」

実際には4時起き氏の口から「市民団体として対立軸を明確にするべき」という発言は出た事がありましたが、それについて会の中で議論された事は(少なくともこの時点では)一度もありません。
K記者と4時起き氏の間では、水面下で構想が練られていたのかも知れませんが、この時点では4時起き氏は代表ですらないのですから決定権はありません。
第三者から見れば単なる意見の食い違いに見えたかも知れませんが、7月1日の件がありましたから、私にとっては会の成否を決する重要な分岐点であると思われたのです。

言葉は努めて穏やかににしたつもりでしたが、主体者としての強い決意と思いを込めたつもりでした。

しかし、ここから始まる不可解な、そして異様とも思える現象が巻き起こります。
なんらかの意図を持った仮面の怪物がその姿を現す前兆は、第2回目の会合中に突如として4時起き氏の携帯から発せられました。


続く・・

斉藤司インタビュー4 ~さらなる高みへ

tyousennjou1168.jpg


全日本新人王獲得時以来のランク入りを果たした斉藤選手。これからは一戦一戦がタイトルマッチへとつながる道であろうが、次戦の相手に決まったのは、石川昇吾選手(新日本木村)。

実は石川選手、斉藤選手が初黒星を喫した興行に出場している。
ベテランランカーの涼野康太選手に挑み、負傷判定で敗れているが、個々のテクニックでは互角の勝負をしており、これはなかなかいい選手だ、とチェックしたのを覚えている。
そして昨年9月、キューバのアマ王者・エルナンデスと「1ラウンドもてば10万円、2ラウンドで…」といった条件の、「お前はバレロか!」と突っ込みたくなる賞金マッチで対戦し、先にダウンを喫するも、見事逆転の5回TKO勝ちで、一躍名を上げた。
ともに前戦で格上相手を喰った形になった両者だが、今回リスクがあるのはランカーとなった斉藤選手であろう。

━石川選手の印象は?

S「何試合か映像を見ましたが、気持ちの強い選手だと思います」

S「9勝3KOという戦績以上にパンチがあると思うので、一発のチャンスを与えないように気をつけないと」

涼野戦ではむしろ、いい勝負をしながらも、なにか消極的な印象を受けた戦いぶりだったが、確かにエルナンデス戦では心身の逞しさが増していたように思える。

M「気持ちが強いと言っても、司より気持ちの強い選手はいませんよ。小さい頃から、フナ食ったり雑草食ったりして生きてきたんですから。強いて言えば坂本博之(現SRSボクシングジム会長)くらい」

※ここからは具体的な戦術等の話になったが、いくら素人のブログとはいえ、試合前にそれらをここに書くわけにはいかないのでご了承ください。

当然、負けるつもりはないだろうが、その後具体的な計画は何かあるのだろうか。

M「スカッと勝って加藤(善孝選手。現ライト級王者)に挑戦しますよ。挑戦状も出しましたから」

ええっ!マジで?これ書いちゃたらまずいっすよね?万が一石川選手が見たりしたら「俺のことは眼中にないのか!」って怒るだろうし…

M「いや、出してもらってかまいませんよ(笑)石川選手に決めた理由を言いましょうか?それは単純に強い選手だから。ある関係者は司が負けるんじゃないかって言ってます。僕もエルナンデスを倒した映像見て強いなと。でも、そういう選手とやると燃えるんですよ、司が。当然、石川選手も燃えるタイプだからいい試合になるでしょ?」

M「もちろん簡単にに勝てる相手と思ってるわけじゃないですよ。その強い石川選手を司がどう崩していくか。そういう相手がさらにやる気になって、その上で勝つことに意義があるので、どんどん書いてください」

チャンピオンに挑戦状を出しているとは驚いた。
しかし知将・三谷大和のこと、ランク入りして資格を得たから挑戦状を出してみた、ということはないはず。
斉藤選手のことについては、5年くらい先まで見据えた育成計画を作っている、という話を以前聞いたことがあるが、今回のブランクも復帰戦の勝利も踏まえて再度組まれたプログラムの中で、「勝算あり!」の手ごたえがあるのだろう。
いよいよ今年、勝負をかける年となるか。

主体者として・・ それでもボク愛

前後しますが・・

6月25日にはそれぞれ問題意識を持ったファンが集い、この時は顔見せ程度に終わりましたが今後画期的なものになると思われました。
その後ファンの会掲示板では、会の名前や具体的な方向性が議論されましたが、なかなか捗らず時間だけが過ぎて行きましたので、早い時期に2回目の会合を持つ事を提案しました。

当時ファンの会はメンバーの選出や選考方法に明確な基準が無く、4時起き氏が立ち上げたサイトに送られた参加希望者のメール内容を元に選ばれていました。
4時起き氏は飲食業界でもそれなりに名の知れた企業の役員さんという事と、プロレスラー死亡事故の問題を追及する会の代表として陣頭指揮を取られて来た経緯から、一定の信頼をおける人物と思われていましたので、サイト管理も当初から一任しておりましたし、何れは代表選があれば推したいと私は考えていました。

このサイトは誰でも閲覧できる表向きの掲示板と、別室と命名された本メンバーのみの掲示板との、言わば二重扉になっていて、これは当時予想されていた妨害を防ぐ為に設置されたものでした。いささか面倒ではありますが、会が正式に発足するまでの措置として仕方のない事でした。当初は全員が仮名を名乗る事になったのも、無用なトラブルを防ぐ為です。
しかし、1日も早く扉を開けて具体的な方向を示し、多くの方々に参加を呼び掛けたいと考えておりましたので、先ずは会としての結束を早める必要がありました。

ところが前回に書いた通り、7月1日のK記者の発言により、私は拳論をバックボーンにすべきではないと考えるようになりましたので、会としては独自路線を強調すべきとずっと訴えてきました。

彼の爆弾発言は私だけでなく、その場に居た4時起き氏、ウチ猫さん、いやまじでさんも聞いていたわけですが、場合によっては会だけで無く、拳論が取り上げたJBC問題が根底から覆る可能性がありましたし、改革派の方々にも大きな影響を及ぼすと考えられましたので、これはオフレコにすべきという空気はありました。
ひとつには重要な情報源である拳論からこの時点で独立してファンに何が出来るのかという懐疑がメンバーの中にもあった事も事実でしょう。

しかしK記者の発言内容が事実であり、これが表に出たとしたらファンの会の空中分解は避けられない。
たとえばK記者の勢いに任せての戯言だったとしても、それはそれで体を張る事さえ厭わない純真なファンを愚弄するものです。

私は会の発起人の一人として重大な責任を感じていました。

拳論の記事が発端となって始まったファンの会であった事は事実ですし、メンバーのほとんどがこのブログの読者であり、またシンパでしたから拳論とあえて反目する必要も無く、「その事」には触れず穏やかにそして緩やかに会を着地させたいと考え悩みました。

そんな中でファンの会は7月9日東京上野のルノアールで第2回目の会合を持つ事になりました。
議題は代表の選出と会の名前を決定する事、そして具体的な活動と柱となる今後の会の方向性です。

私は未だ何も決まっていないファンの会でしたが早くも正念場がやって来たと覚悟しました。
K記者とは会の件ではすでに連絡を取り合ってはいませんでしたが、業界関係者の方々とは僅かばかりの親交がありましたので不安はありませんでした。

ここから皆で苦労して道を切り開いて行くのだ。
ネットを超えて勇気を持って集ったファンだ。
遠慮する事などない。ファンが最大の顧客である事に自信を持とう。
そしてファンがボクシング界の最大の理解者になればいい。
その為には対話だ。
これなくして相互理解などあり得ない。
業界とファンの間には互いに溝があるという。
ならばそれを埋める作業をしよう。
圧力ではなく、やはり対話だ。
これさえ忘れなければ、何故ファンが行動を起こすのか理解もされよう。

私の結論はここでした。
あとは私のやる事は熱を伝えることのみでした。
皆で白熱の議論をするのだ。
何が正しい方向なのか自分たちの手で模索しよう!

私は会のメンバーとして、そして主体者として、こう主張しようと考え7月9日を迎えるつもりでした。


続く・・