HARD BLOW !

提出された抗議文

「HARD BLOW!の原点」記事で紹介した反則検証の続きです。

私たちも問題とされるその試合映像の1Rから最終ラウンドまでをすべて時間をかけて検証してきました。
当初は何故執拗にそこまで抗議するのか?という疑問や、選手自身の感情の問題が大きいのではないのか?との印象を抱いていた時期もありましたが、検証を進めて行った結果はやはり審判のレフェリングに問題ありとの結論に至りました。
映像を是非もう一度ご覧になって下さい。度重なる反則(肘打ち、後頭部への打撃)とそれを見逃している事が確認できるはずです。




正当な抗議行動を行った選手が謂われない批判を浴び、そして孤立しながらも戦って来た過程を私たちは無視出来ないと考えます。
私たちファンはこれまで、選手たちの不幸を幾度も目撃し心を痛めてきました。
ボクサーは闘犬ではないし、ボクシングは命のやり取りを見るものでもない。
どんなに言葉で繕ったとしても、選手にも人格とリングの中にも人権がある事を認めなければプロボクシングは永遠にスポーツとはならないでしょう。
今こそ、「ボクシングとは」「選手とは何か」から始めなければならない時だと思います。
また選手たち自身もその事を自覚しなければならないと思います。

まったくこれは個人的感傷ですが、「プロボクサーを目指したい」と自分の子供たちが言った時、果たして命を預けられる環境にあるのか?と多くの人が臆してしまう事でしょう。
それでも私たちはボクシングを観ているのです。

byB.B

以下、榎洋之さんが昨年、JBC試合役員に対し試合映像と共に直接提出された抗議文です。(一部氏名は伏せてあります)


◇ ガルサの肘打ち箇所、およびレフリングの疑問箇所
1Rのガルサ選手のパンチの打ち方をしっかり覚えておいて
ください。
< 1R >

 ◎終了間際
 *ガルサは榎のことをしっかり見て肘打ちしている。
 *レフリーはしっかり見れる位置にいる。
 *榎は後ろ向きなため、何をもらったかわからない。
 *肘をもらった直後、榎が振り返ってみているので、それが効い
  たことがわかる。
 ※B審判さんは、この時点で「オレだったら、ここで注意する」
  と言った。
       
< 2R >
 
 ◎0:20
 *榎の頭が右にいっているにもかかわらず、ガルサが肘を当てよ
  うとする。
 *榎が見えないところから肘
 *レフリーは見えない位置にいる。
 *これは何のパンチ?右ストレートではない。

 ◎1:10
 *榎のあごにガルサの肘
 *その直後、榎の右フック系のパンチが入る。榎は肘打ちに
  気付いていない。

 ◎1:30
 *榎の頭が下がったところに肘打ち。肘が突き出てくる。
 *これを流れで押さえつけただけとするなら、なぜ肘が前に
  出る?
       
<3R >

◎0:30
 *一番強い肘打ち。これが致命傷。
 *この時、レフリーがガルサ選手に対して、何か注意をして
  いる。「脇をしめろ?」
 *観客も気付いた人がいる。ビデオに「あ~」という声が
  入っている。
 ※この肘打ちをもらったことにより、榎はダメージを隠す
  ため本能で下がり始める。この時点で三半規管が壊れ、
  フラフラの状態。

 ◎1:20
 *レフリー、審判見えるはず。榎は見える角度ではない。
 *観客は遠いのに見える。

< 4R >

 ◎0:15
 *肘が当たってはいないが、ガルサがパンチを当てにいく
  瞬間、榎の顔をしっかり見ているのに、グローブの位置
  がとんでもないところにある。何のパンチを打とうとした?
 ※これ以後4Rは、ガルサは普通の打ち方に戻っている。
  これがガルサの本来の打ち方。クセではないことがわかる。
 ※4Rにガルサのボディーをもらったことにより榎がおかしく
  なったという意見があるが、その前にすでに、フラフラに
  なっている。(ビデオで)

< 5R >

 ◎0:23
 *流れとされていい榎のパンチ。ガルサの頭上を通っていく。
 
 ◎1:53
 *レフリーしっかり見える位置で。

< 6R >

 ◎2:05
 *榎が動いてない時、ガルサと榎が近い状態で、ガルサが明ら
  かに右肘を当てにいっている。これは何のパンチ?
 *レフリー横からしっかり見える位置で。

 ◎2:25
 *ガルサが榎の後頭部を叩く。
 *レフリーしっかり見える位置にいるのに、気付かない。

 ◎2:40
 *レフリーしっかり見てる。

< 7R >

 ◎0:25
 *榎の頭が動いてないのに、ガルサは何のパンチ?レフリー
  しっかり見える位置に。

 ◎0:50
 *明らかに肘が入っている。レフリーしっかり見える位置に
  いるのに、気付かない。とても危ない。審判も見えるはず。 

< 8R >

 ◎2:00
 *右肘をしっかり上げている。これに榎の頭が当たったら
 危ない。
 (カットした後)*レフリーしっかり見える位置に。

 ◎終了間際
 *左肘。(スローじゃないほうが分かりやすい)
 *レフリーしっかり見える位置に。
 
< 9R >
 ◎0:25
 *ガルサのグローブが上を向いている。
 *肘が当たった瞬間、音もなっているのがかわる。

 ◎ストップ前
 *ガルサが榎をしっかり見ながら、右肘を当てている。
 *レフリーもしっかり見ている。

◇試合後、こめかみの部分が特に痛かった。
 この痛さは試合後1週間経っても、最後まで残っていて、朝起き
 ると揺れていた。(試合直後の脳の検査は異常なし)
 もちろん今までパンチをもらい、試合後腫れや痛みがあったこと
 はあるが、今までとは明らかに違う痛みで初めてのことだった。
 普通ボクシングはグローブをつけ、こぶしで殴る。一時的に三半
 規管も揺れるが、グローブにはクッションがあるので、そんなに
 簡単には壊れない。肘は「肘鉄(肘鉄砲)」という言葉があるよ
 うに、鉄で殴られたような衝撃がある。 直接、三半規管を壊し、
 脳も揺れる。

◇ガルサの肘打ちは1R終了間際から始まっていて、榎は3Rから
 フラフラの状態。では、榎は3Rまでに、これほどまで早い段階
 からフラフラになるほどのガルサのパンチをもらったか。

 榎の打たれ強さは、皆さんご存じの通り。また「スタミナがない」
 と言われたこともない。徹底的に体の勉強をし、体幹トレーニン
 グも行い、筋肉量が増したことで以前より疲れにくい体を作り上
 げた。今回のスパーリングでもほとんどダメージが残るパンチは
 もらっていない。普段から節制し、プラス2,3キロをキープし、
 減量も2日ほどで終わり、減量の影響は考えられない。

◇なぜ試合中に榎自身が気付かなかったのか。
 
 1R終了間際のガルサの肘打ちで、榎は明らかに「この野郎」と
 いう表情をしている。
 肘打ちをもらう時は、榎は横を向いているか、下を向いているか
 で、ガルサのパンチ(肘打ち)の軌道を見ていない。レフリーは、
 かなり見える位置にいる。

 3R(0:30)の榎に致命的なダメージを与えた肘打ち以降、
 榎はそのダメージを隠すために必死。この直後から本能で下が
 り始める。この時点で三半規管が壊されフラフラの状態。そし
 て、当たり前だが勝つために必死。

 6/2、B審判さんにビデオを見ていただいた際にも、B審判さ
 んから「どうして自分で気付かなかったのか。」と言われた。
 そんなことを審判、レフリーである立場の方が言っていいのか。
 もちろん、榎自身、ジムトレーナーが気付き、レフリー、審判に
 アピール出来ていたら良かったと思うが、反則や危険行為を
 見極めるのもレフリー・審判の仕事ではないのか。
 戦っている選手は必死。興奮もしている。それを冷静に判断すべ
 き人がレフリー・審判なのではないか。
 ただ採点をつけるだけなら、レフリーは必要ない。

 1Rのガルサの肘打ちをビデオで見て、「肘が当たっているね。
 俺だったら注意する」とも言っていた。
 ガルサの肘が榎に入っていることを認めたということになる。
 反則は反則。しかるべき措置を。

◇ガルサの肘打ちが必然的に行っていることについて

 B審判さんは、「メキシコ人は肘でパンチを打つだろ」と言って
 いた。しかし、ガルサは1R、4Rは普通の打ち方をしている。
 日本人と同じように、右ストレート、フックを打っている。
 
 普通パンチを打つ時は、グローブの前を見るが、ガルサが肘を
 当てる際は、必ず肘が当たる前を見ている。ということは、肘を
 当てたこともわかっていて、その後ガルサは肘を当てて自らも痛
 いので、肘を何回も振っている。

 なぜ肘の前に目線があるのか。よくグローブと肘が偶然当たる
 時があるが、肘が当たることを想定していないので、肘がしび
 れることがある。
 そのため、ガルサは肘を当てる時、肘を見て力を入れている。
 意図的に行っているとしか思えない。

 また何のパンチ?と思えるパンチを何度も出しています。
 ストレート、フック、アッパーのパンチの軌道とは考えられ
 ないパンチを出している。それが肘打ちを狙っているパンチ。
 < 2R(0:20)4R(0:15)6R(2:05)
  7R(0:25) >

 ガルサの肘打ちを「流れ」とするなら、なぜ肘が突き出て
 くるのか。「流れ」とするなら、右ストレートでいうと、5R
 の(0:23)、榎がガルサに右ストレートを当てようとする
 が、その瞬間ガルサが素早く左に踏み、ガルサの頭が左に下が
 ったので、榎のパンチが右にいき、榎の肘がガルサに当たりそ
 うになった。
 これが「流れ」として説明がつく。パンチが流れたので、榎の
 目線はパンチの前にある。

◇レフリングの不備について

 偶然のバッティングに例えると、左ボクサーと右ボクサーが戦
 った場合、同じところに踏み込むから偶然が生まれる。また右
 ボクサー同士が戦った場合でも、踏み込むタイミング、頭の低
 さ、頭から突っ込むなどからバッティングが偶然生まれる。
 もし、故意ではなく偶然に発生したとしても、レフリーから注
 意されるべき。榎も「頭からいかないように」と注意されたこ
 とがある。 
 
 これは肘でも同じで、偶然であろうが、必然であろうが、レフ
 リーは危ない行為として注意すべき。
 今回の試合でガルサの肘打ちは17回(当たったのが14回、
 未遂が3回)、これほどまでに乱発している状況をなぜ一番近
 くで見ているレフリー、審判は気付かなかったのか。観客で気
 付いている人がいるというのに。

 ガルサの肘打ちを見れなかったことに加えて、
   
1)4Rの終了ゴングがなっているのに、それに気付かない選手を
 割って止めに入らない。「ラウンド終了ゴングがなっているよ」
 と仕草はしているが、なぜ止めにはいらないのか。
 結局、選手が気付きコーナーに戻るが、その数秒間で、榎は
 ガルサのパンチをもらっている。
 採点には響かないとしても、榎のダメージは蓄積される。
      
2)6R(2:25)ガルサが榎の後頭部を叩いたのに、レフリー
 は気付かない。しっかり見える位置にいる。

 どう考えても、今回の試合のレフリングには疑問があります。
 反則を全く見れない。とっさの判断が鈍い。

選手はプロとして闘っています。レフリーや審判もプロです。
選手はリングで人生と命をかけて戦っています。
その試合を裁くのが、レフリーと審判です。その重みとプロ
意識が低いと思います。裁く試合数が多いからと、ただこなす
だけになっていないでしょうか。
もっと1試合1試合、選手一人一人の想い、夢、人生、命が
かかっている試合を裁くのだという意識をもってください。


以上。

HARD BLOW!の原点

 当HARD BLOW!のを生むきっかけの一つとして元東洋フェザー級王者榎洋之さんの存在は欠かす事が出来ません。全ては彼のJBCに対するたった一人の直接行動に触発されたことが原点であり、その反則検証を巡る路線対立がBBさんの『市民団体』(笑)除名の(表向きの)原因となったことは氏の回顧録の通りであります。

 私も上京した際榎さんに一度お会いしましたが、BBさんのエントリで活写されているようにその人間性・言動は一本気を絵に描いて額に入れたような方であります。

「悪童・・榎 洋之さんのこと・・  それでもボク愛」

引退試合となったガルサ戦で受けた悪質な肘うちで引退に追い込まれた上に深刻な健康被害を受け、のみならずその不当なレフェリングに抗議した事で親族や友人からも批判されるという苦難の道を一人で歩いてこられた榎さん。「レフェリーも人間。見落としもある」「一度下った判定・裁定に抗議しても仕方ない」「ブラインドをつく反則もテクニックの一つ」あるいは単純に「後からあーだこーだ言うのは男らしくない」等等氏の行動を批判する理屈は数多あります。ですが私にはそのような分別くさいレトリックよりも、「反則でダメージを受け、負けにされたらそりゃ抗議するでしょ」という姿勢のほうが遥かにシンプルで人間的で納得のいくものだと思えます。そもそもその当該の試合のレフェリングが、失礼ながら人生をかけてリングに上がったボクサーの覚悟に応える様な水準とは到底思えないのです。



 この動画は試合のビデオ映像を抜き出したものです。

度重なる意図的な肘打ちの様子が一目瞭然です。ほぼ試合全般にわたって肘うちを受け続けた榎さんは結果的にTKO負けとなり、試合後も体調不良に悩まされまさに災難ではすまない仕打ちを受けました。レフェリーはなぜ反則を取らなかったのかという素朴な疑問が浮かびます。JBCのHPには試合役員会でこの試合が議題になった旨が記録されています。

JBC試合役員会報告

文中ある試合役員による『公式見解』は「第3ラウンドのガルサの手を折りたたんで打った鋭角的な右フックが肘打ちのように見えるが、試合時明らかな反則行為とまでは判断できなかった。肘打ちは非常に危険な反則行為であり、今後は故意、偶然を問わずレフェリーは常に注意し、肘打ちと疑わしき行為を認めた場合は即座に試合を中断し、厳重に注意または減点すべきことが確認された。」という木で鼻をくくったような官僚的なものであります。いや官僚そのものか。これよく読むと「肘打ちは無い」という事実の隠蔽まで行っていてかなり悪質でもあります。彼らに必要な事はこのように居直ってレフェリーの『威厳』を守る事ではなく、自らの技術不足をまず率直に自己批判することではないでしょうか?実際に彼らはJBCに抗議に赴いた榎さんに「ボクシングは戦争だからこういうことも起こりえる」というような暴言まで吐いたというではありませんか。自分がお会いした時に榎さんは「自分はJBCで『ボクシングは戦争だ』と言われてボクシングの歴史を調べたんです。そうしたらかつては暴力だった技術を長い期間かけてスポーツとして洗練させて来たのがボクシングだと分かったんです。何で先人が苦労してスポーツにしたものをまた戦争に戻す必要があるんですか」と実際にはもう少し物騒な口調で(笑)怒りを込めて私に教えてくれました。

 試合中反則を見抜けなかったレフェリーには職能が無いというのが普通の結論だと思いますが、なぜかその事を抗議に行ったボクサーが業界内で孤立してしまうというという不条理が当り前になっているのが日本のプロボクシングの現状なのでしょうか?審判は神聖なりというプライドを持たれるのは結構ですが、それも厳しい職責を果たせばこそであります。どんな仕事であれそうだと思います。そして間違った時は率直に自己批判できることこそプロの証ではないでしょうか?

 もう一つ気になる事は誤審や判定への不服を申し立てるシステムがないのかと言う疑問であります。江戸時代の直訴でもあるまいに、選手が単身直談判すると言うあり方で良いのでしょうか?本来は審判の職能はコミッションによって厳しい検証がなされるべきものであります。ですが現在のJBCを見れば事務局長は大レフェリーの森田健氏であり、次期事務局長は森田氏の愛弟子である浦谷レフェリーへの『禅譲』が規定路線であるかのように噂される状態です。これではたしてレフェリングへの健全なチェック機能が働くのでしょうか?レフェリーやジャッジは興業主の意向に翻弄されないように一定の発言力を持つべきではありますが、さりとてコミッションとの一体化には現状では疑問を持たざるを得ません。そして昨年来現在まで続く選手・ファン不在のJBC内の不毛な人事抗争を概観すれば、彼らが安河内氏を排除した論理・よって立つ正義の基盤にこそジャッジが必要なのではないでしょうか?

 榎さんの言葉を借りれば「ちゃんと仕事しろ」という心境であります。日本ではコミッショナーは所詮名誉職に過ぎ無いのでしょうか?

秋の到来が心底うれしい(旧徳山と長谷川が好きです)