FC2ブログ

HARD BLOW !

風雲!山根体制落城でどうなる日本ボクシング連盟

 あっという間の出来事でした。

 昨年来当ブログでもしつこくお伝えしてきた、日本ボクシング連盟(以下日連)の内部抗争ですが(過去記事はこちらから→お中元企画 日本ボクシング連盟記事詰め合わせ)、毎日新聞がオリンピック選手への助成金をめぐる疑惑を報じる記事が発火点となり一気に炎上。その後10日ほどニュースやワイドショーを席巻することになりました。
               ↓
 リオ五輪 ボクシング助し成金流用 連盟、対象外選手に分配

 ビートたけしさんがフライデー事件を振り返って「鉄砲でシラサギを撃ったと思ったら特別記念物のトキに当たっちゃったようなもの」と評したことがありましたが、当方としても「ここまでおおごとになるとは...」と呆気にとられるばかりでした。

 テレビをつければ何度もインタビューした澤谷廣典氏がいつもの調子で「オンドレコラ」と山根会長のドスの利いたトークを迫真のモノマネで再現していたかと思えば、インターハイの会場は報道のカメラで一杯で「控え室にカンロ飴があるのかないのか?」なんてやってて大騒ぎ。そのうち山根元会長ご本人が報道の前に降臨し、「自分で説明すれば説得できる」という目論見が完全に裏目に出る独演会を生放送で披露して見事自爆。その後またも毎日新聞の報道で山根会長と暴力団組長との長年の交際が明るみに出て(→会長、組長と交友 19年前、連盟理事時代)、磐石に見えた山根体制は僅か2週間で崩壊しました。

 報道洪水のドサクサで捏造ライター片岡亮氏がなぜかワイドショーに出ずっぱりになるという珍現象まで発生。まるで国際経営コンサルタントのショーン・Kさんや元警視庁刑事の北芝健さんのような人気ぶりでした。テレビの身体検査ってどうなってるんでしょうかね?

 陰気な記事ばっかりでろくに更新もしてない当ブログのアクセスも急激に増え、昨年来の地道な活動が少しだけ報われた気分になりました。当時は周りの人にも「なんのメリットもないから関わらない方がいいよ」って反対されたなあ~。その後ネットメデイアのTABLOさんにも体験談をもとにした記事を掲載して頂きました(総力取材・アマチュアボクシング界激震 日本ボクシング連盟・山根明会長を追い落としたのは誰か――!)。

 昨年来、アマ関係者と連携しながら告発のお手伝いをしてきた当方としては喜ばしいことではあるのですが、新体制つくりはむしろこれからが本番。東京五輪へのタイムリミットも刻々と迫っています。そして当ブログとは6年のお付き合いになる高山勝成選手のアマ資格が認められるのか?という懸案もこれから議論が始まる段階。民主的な体制で組織を刷新し、若者が夢を持って飛び込める世界になって欲しいと切に願っております。

 世の中に人は山根会長に飽きて新しいオモチャに関心を移して行くと思いますが、当方は今後もしつこく顛末を伝えるとともに、折角出来たご縁ですのでアマチュアボクシング関連の情報も発信していこうと思っております。

木村×田中が楽しみな(旧徳山と長谷川が好きです)

え?!菊池直子氏がカンボジアにいた?! 一流捏造ジャーナリスト、片岡亮氏の巨弾スクープを今更発掘!(笑)

 ※ミリオン出版様からの抗議を受けましたので、内容を変更して再アップいたします。

 衝撃の事実です!

 元オウム真理教の菊池直子氏がカンボジアに逃亡・潜伏していた!こんな大スクープが埋もれていたなんて!

菊池2_R


 1995年の地下鉄サリン事件で世間を震撼させたオウム真理教。その構成メンバーにして、指名手配犯として20年近く潜伏生活をしていた菊池直子氏が、潜伏先の神奈川県相模原市で逮捕されたのは2012年。指名手配中でありながら市民社会に溶け込んで生業まで持っていたという報道に、世間は衝撃を受けました。

 その後菊池氏は、裁判で逮捕容疑となったサリン事件やVXガス事件、小包爆弾事件などの凶悪事件への関与は全て認められず無罪判決を受け、現在は一市民として暮らしています。

 検察が起訴した事件が有罪にならないことは、異例中の異例。ましてオウム事件となると、国を挙げた捜査であります。それが蓋をあけてみれば、凶悪事件には連座しておらず、結局逮捕容疑は無罪。あの「爆弾娘」「愛の逃避行」といった扇情的な報道は一体なんだったのか?という話であります。さらに、菊池氏は捜査・公判の事実調べによって、逃亡中は国内にずっと潜伏していたことが分かっています。一部で言われていた、海外逃亡説は一体なんだったのか...。
 
 ところがなんと!あの亀田への名誉毀損記事で違法行為を認めた片岡亮氏が、菊池直子氏がカンボジアで逃亡生活を送っていたという記事を書いているというじゃないですか!日本中の警察が鵜の目鷹の目でオウムの手配犯を探していたであろう日本から脱出し、言葉も全く通じない、日本人がいたら目立ってしょうがないカンボジアの奥地で潜伏し、もう一度捜査線を突破して日本国内に帰って相模原に潜伏していたとは!もし事実なら密出国、密入国で有罪になってるはずです。こりゃいかん!すぐ警察に報告せな!

 はやる気持ちをおさえて、意外と簡単にネット上で見つかる記事を読んでみると、期待に違わぬ(笑)驚くべき独創的内容でありました。片岡さん天才かも...。

 掲載誌はAmazonで現在も購入可能です!

 購入はこちらから。あー欲しい。買おうかな。
   ↓
 ノンフィクスナックルズ v.1 (ミリオンムック)


もう死んでいるかも_R



 いきなり警視庁の捜査陣がさしたる根拠も無く、オウムの指名手配犯を「既に殺されているかも」と推測する書き出しから、読者をグイグイと引き込んで行きます。いや刑事さん生きてますから!と言ってあげたい。
 
驚きだ_R
キスや乳揉みに驚く片岡さん!


 ここからどう展開するのか?とハラハラしながら読み進むと、片岡氏の記事によくある話が深まっていかないジラシ展開に(笑)。興味津々の読者を菊池氏の周辺情報で引っ張る片岡氏の筆致はまさに名人芸。読ませる展開であります。さすが一流ジャーナリスト。

行うようになる_R

 ここで片岡氏の筆が一気にヒートアップ。菊池氏が『サリンの製造工場で原料の調達や製造過程の記録などを行うようになる』と公判で否定された事実を元気一杯に記述。ちょっとワンパクが過ぎるような気もするのですが、これが片岡氏の持ち味。つい書きすぎて亀田に敗訴しちゃったりするところがファンには堪らない魅力なんだろうなぁ。知らんけど。

警察に先回り


 ICPOからの、タイの国境地帯で菊池氏が目撃されたという驚くべき情報をもとに、片岡氏はカンボジアに飛びます。なぜにタイの国境地帯にいる人が、菊池氏の顔を知っていたかは謎ですが、そんなことは所詮小さなことです。片岡氏は『警察を先回りする形』(笑)でタイに飛びます。こんな確度の薄い情報で広大なタイの国境地帯を捜索できるのか?一流ジャーナリストと言うのはすごいですね。片岡氏の描写する国境地帯の取材過程は、まるで木曜スペシャルの『川口浩探検隊』のような臨場感で、説得力充分。命がけの取材に向かう一流捏造ジャーナリストの気概が伝わって来ます。

カメラ没収

 ミャンマーの画像がないのはカメラを没収されたからです!なんですかあなた!疑うんですか?!

目撃談 2_R

えっ!麻原がミャンマーに!私も信じられません!

 国境地帯でカメラも没収さたものの、ミャンマーで現地の方から「麻原彰晃が麻薬の製造施設を視察した」という爆弾情報を得た片岡氏。ああカメラさえあったら、ミャンマーの写真が撮れたのに。ああカメラさえあれば、ミャンマーに行った証拠があるのに。ああカメラさえあれば...。カメラ!カメラ!カメラ!はっ!つい脱線してしまいました。弱視の麻原がなぜ危険なミャンマーに『視察』に来たのかは謎ですが、片岡さんがそう言ってるならそうなんでしょう。ああカメラさえあったらなあ(しつこい)。

目撃談 3_R


 それでも、広大な国境地帯での聞き込みという非効率な方法で、なんとかカンボジアの菊池氏の潜伏先を見つけた片岡さん。菊池氏は『現地語は出来ず、高熱にかかって治ったらどっかに行った』と言う目立って仕方がない足跡を残したそうですが、カンボジアの国境地帯で言葉も出来ないのに単身放浪してるというこの謎行動、一体何のつもりなのでしょうか?

家の写真_R
部屋の写真_R

この家に居たんだってさ!(笑)

 家の写真や部屋の様子までありますが、証言者のスチルはなし。ストイックな取材姿勢が光ります。さらに偽造パスポート業者のコメントなどで逃亡の手法が生々しく語られ臨場感を盛り上げます。まあ、あくまで想像なんですけどね。

陰謀論_R
一流ジャーナリストならではの鋭い分析。鋭すぎて逆に心配です。


 そして最後は「警察は逃亡犯の行方を掴んでいるが、政治的なカードとして温存している」という片岡氏のような一流ジャーナリストだけが知っている、仰天情報が!日本政府は菊池をカンボジアで泳がせている!そうだったのか!知らなかった!がびーん!
 
 最終的に相模原で見つかったことをかんがえると、単なる陰謀論にしか見えませんが、片岡さんが言うならきっとそうなんですよ!

 しかし無罪になった人を題材に、ここまで踏み込んでしまう片岡さんの無謀さには驚きを禁じ得ません。また敗訴しないか本当に心配です...。

 ところで片岡氏、同僚のライターと言うことになってる藤堂氏がカンボジア出身だとか、やたらとカンボジアに縁があるのであります。不思議ですねえ。偶然かなあ。

 なんかの用事でカンボジアにいったついでに、チョイチョイと書いた記事なんじゃ...。あ!イカン!イカン!心の声が漏れてしまいました...。

 福原や林の海外試合にグッと来た(旧徳山と長谷川が好きです)

共同不法行為

捏造記事による名誉毀損が確定した片岡亮氏と、その取り巻きの方が

「裁判の支払額が大幅に減額になりました」

と宣伝されておりまして、こりゃ一体どういうことかしら?と調べてみましたらなんのことはない、今回の名誉毀損が片岡氏とJBC職員氏の「共同不法行為」だと看做されたというだけの話のようでございます。要は「一つの名誉毀損事件を二人の被告が共同で行った事件だから、それぞれに対して出ている判決を一体化せよ」と主張してそれが認められたと。

 それぞれの賠償金額のなかで重複する亀田兄弟への賠償分を二人共同で支払うということで、折半するなら概ね半額くらいということでしょうかね。まあ「思ったより安く上がって良かったね」という心境なのでありましょうか、ね?

 ですが 「亀田に一矢報いてやったぞ!」みたいに盛り上がってる様子に水差すような話で恐縮なんですが、私ちょっとひっかかるものがあるのでございます。

 読者の皆様におかれましては、ことの経緯を思い出して頂きたいのですが、最初亀田サイドは片岡氏のみを被告とする裁判を起こし、片岡氏は自分が反訴せずJBC職員氏を原告にした裁判を起こして応訴するという形をとりました。

 その際亀田サイドは「審理の併合」を求めています。「同じ事実関係を争う裁判なんだから、一つの裁判にしましょうや」という提案であります。片岡氏とJBC職員氏はそれを拒否し、裁判は二つが並行して続くことになりました。

 そして仲良く敗訴し、それぞれに賠償の命令が下ると、今度は「共同でやった不法行為だから、賠償を一体化しろ」と言い出して、それが通ると「主張が通って支払いが安くなりました」と宣伝する、と。

 なんかこうちょっとかっこ悪い感じがするんですけどね。まあ金が浮いたらなんでもいいのかな?いいんでしょうね。

 ついでにいうと共同不法行為が認められたということは、JBC職員がゴシップライターとつるんで捏造で選手を嵌めたということが法的に確定したということであります。

 このことが亀田兄弟とJBCとの裁判において、どのような影響を与えるかは、火を見るより明らかでありましょう。

 目先の金と引き換えに大きなものを失ってるような気がしないでもないですが、それはまあ個人の好き好きでございます。

 自分が書いた記事が捏造記事だと認定されても上告しなかった人が、「支払いが安くなりました!」と喜んでる様は傍目にも微笑ましいものがありますね。本当に良かったね。

 春の訪れを感じる明るいニュースでございました(適当)。

 リゴンドーの試合中止で和気に大チャンスが来て驚いた(旧徳山と長谷川が好きです)

 
 

記者会見一問一答 

さてさて、次は記者会見に出席して質問までしてきた、当ブログのBBさんから会見のやりとりの模様を伝えて頂きましたのでそれを掲載いたしますが、その前にまずは報道記事をチェックしてみましょう。

弁護士ドットコムは、記者会見の趣旨に沿った、名誉毀損裁判についての解説が中心です。
亀田興毅氏「真実が明らかになって一安心」 JBC職員監禁ブログ訴訟で勝訴確定

デイリーさんは6億円発言のショックで記者会見の目的が消し飛んだ風で…(笑)
亀田3兄弟がJBCに損害賠償訴訟

この記者会見、本来はJBC職員と片岡亮氏が上訴を断念し、彼らの「監禁だー!」「捏造だー!」「暴行だー!」「スラップだー!」という大騒ぎが全部ウソだったということを告知するのが目的であります。でもそんなことがどうでもよくなるくらい、デイリーさんには6億6千万と言う数字はインパクトがあったのでしょう。

実はこの裁判、起こされたのは1月14日で、提訴からすでに一ヶ月経過しているのです。我々も先月下旬にはそのことは知っておりました。ついでにいうと業界関係者の間でも「亀田がJBC相手にすごい額の裁判を起こしたらしいよ」というのは周知の事実でありました。報道の方も当然知っていたはずです。

というか当のJBCが、提訴を受けてもメデイアに対して一ヶ月以上沈黙を守っていたことになります。監禁・恫喝・暴行や、負けても王者問題の時とは随分違う対応ですな~。まいいけど。

ちなみに6億6千万というのはJBCの理事それぞれに対して6千万が11人分ということらしく、訴訟の対象となるのは理事個人と言うことのようです。亀田兄弟がライセンスを止められて、思い描いていたような選手活動・ジム経営が出来なくなり損害を蒙ったのは、個々の理事に責任があるということのようです。まあ組織上、ライセンス停止の決定を下したのは、理事の皆さんなのでそうなりますわな。

というわけで、記者会見のやり取りを以下に掲載いたします。(質問は青字、北村弁護士の返答は赤字で表記します)

NHK「その他に継続されている訴訟はありますか?」

北村弁護士「名誉毀損については今回で終わりました。

NHK「その他に係争されている裁判はありますか?」

北村弁護士「えぇ、その他については亀田プロモーション、それから亀田興毅、亀田和毅、亀田大毅を原告とする、JBCそれからJBCの理事を被告とする損害賠償請求事件が継続しています。あ、それからそれに先行して、亀田ジム元会長吉井慎次、マネージャーの嶋(聡)この二人を原告として処分の無効を訴える訴訟この二つを継続しています」

ハードブロー「JBCに対して新たな提訴に踏み切られたとの事ですが、これはいつですか?」

北村弁護士「本年の1月14日です」

ハードブロー「これは対象は?」

北村弁護士「コミッション並びにコミッション理事のほとんどですね」

デイリースポーツ「今回勝訴した二つの裁判ですけども、これは精神的損害によるものですけれども、精神的な損害だけでなく経済的損害もあった事と思うんですが、JBCに対する損害賠償と今回の個人に対する損害賠償とは別なんでしょうか、それともまとめてなんでしょうか?今回それぞれに320万300万の賠償命令だったわけですけれども、これで終わりなんでしょうか?」


北村弁護士「ま、それは今後の課題ですね。検討されているところです。簡単に申し上げると日本のボクシング界はたいへん特殊な所で、ジムの会長がライセンスを剥奪されるとそこに所属するボクサーのライセンスも剥奪されるという、たいへん特殊な構造を取っております。諸外国ではありえないことであります。そのために亀田ジムの会長のライセンスを取り上げることが、選手のプロボクサーとしての活動を停止させるという事を意味してる訳ですね。
 そうすると当事者として活動できない、ファイトマネーも入って来ない、興行会社としては・・亀田プロモーションとしては興行収益もが入って来ない。そういう経済的損害は莫大なわけです。
 それが先ほど申し上げた訴訟で、他方で職員の起こした行為は想定される損害は大きいんですが、先ほど申し上げた興行収益が入って来ないとか、プロボクサーとしてのファイトマネーが入って来ないとか、そういうことには直接結びつかないので、大変難しいところなんですよね。ただ、それによって仕事的に考えるとそれによる損害も莫大になった事は間違いないです。
つまり人を暴行したりするボクサーがいればこんな人を例えばの話しテレビ番組でオファーする人はいませんよね。応援してくれるスポンサーの人もいないですよね。ただそのことを立証するのはそんなに簡単じゃありません。そういう意味でそこは今後の課題という事です」


ハードブロー「JBC理事のほぼ全員を対象とした損害賠償請求ですが、金額としてはどういう形になるんでしょうか?」

北村弁護士「金額としては6億6千万ほどです」

と言う感じだった模様であります。

北村弁護士はボクシング界の旧弊な商習慣への批判も含んだ、踏み込んだ発言をしていますね。

ボクシング村の太平の眠りを覚ますのは、結局外圧・黒船しかないということでありましょうか?

明日以降も続報をお送りします。お楽しみに。

過疎ブログにしてはアクセスが急増しててびびった(旧徳山と長谷川が好きです)







JBC職員と同じく片岡亮氏も控訴せず判決が確定し、記事の捏造が法的に認定されましたの巻

本日、東京地裁司法記者クラブで、亀田兄弟の代理人である北村晴夫弁護士が記者会見を開き、フリーライター片岡亮氏が上訴を断念し、JBC職員の裁判ともども判決が確定、亀田兄弟の勝訴ならびに片岡氏とJBC職員の主張した、高松クレメントホテルにおける『監禁・恫喝・暴行』が捏造・虚言であることが法的に確定しました。

なんだよ控訴しなかったのかよ~。スラップ訴訟じゃなかったの?片岡さん!

あんだけ不当な裁判だって吹いてたのになんなんすかアナタ?

というわけで記者会見に当HARD BLOW!からも一名が参加し、お話を聞いて参りました。

その内容に触れる前にまずは、北村晴男弁護士のプレスリリースをご覧下さい。

プレスリリース1
プレスリリース2
プレスリリース3

内容読んでたまげたのですが、JBCは2014年の亀田和毅×プンルアンの試合前にWBOに対して、この虚言と捏造で大騒ぎしたJBC職員の裁判を理由に「こんな奴の試合やらせちゃダメっすよ」みたいな妨害メール送ってたんですか?

これが本当なら「JBCはこの職員の裁判には関与してません」というのは大嘘で、亀田に対する組織的なイヤガラセの一環だったんでしょうかね?どんだけ陰湿やねん…。しかも前提が捏造って…。でっち上げで海外の試合まで妨害しようなんてもはや病気でしょ。

というわけで取り敢えず速報でした。記者会見の内容は、今しばらくお待ちください。すぐにアップします。

6億6千万円ばっかり報道されてるけど今回の記者会見はこっちがメインなんですよと言いたい(旧徳山と長谷川が好きです)