HARD BLOW !

JBCだけがプロボクシングにあらず 5.3観戦記



 当HARD BLOW!ではすっかりお馴染みの、日本ボクシング界の快男子?革命児?異端児?山口賢一選手兼会長(以下ヤマケンさん)による、最新の国内興行のレポートです。

 2009年にJBCライセンスを返納した後、ビリー・ディブやオルランド・サリドと言ったスター選手と海外で戦い、選手でありながらジムを経営し、プロモーターとして興行を行い、自分以外の選手のマネジメントを行いながら、昨年は日本未公認のWBFの世界タイトルマッチを国内で開催までしてしまったヤマケンさん。

 JBCのシステム外にいるからこそ可能な自由奔放な活動をくりひろげ、最近は中国や韓国、フィリピンなど近隣アジア各国のボクシング関係者との連携で様々な選手を海外の興行に送り込んでいます。

当ブログのヤマケンさんに関する、インタビュー・試合レポートなどの過去記事は以下のリンクからご覧下さい。
                ↓

 JBC離脱の経緯からオーストラリアのビリー・ディブ戦→フィリピンのマージョン・ヤップ戦→メキシコのオルランド・サリド戦、自主興行、ジム経営、自由すぎる事件の数々などなどヤマケンさんの人物像が分かるインタビューはこちらから。

イズム全開 山口賢一インタビュー&スパーリングレポートPart1
イズム全開 山口賢一インタビュー&スパーリングレポートPart2 
イズム全開 山口賢一インタビュー&スパーリングレポートpart3
イズム全開 山口賢一インタビュー&スパーリングレポートpart4
イズム全開 山口賢一インタビュー&スパーリングレポートpart5 完結編

 本邦初、WBFタイトルマッチについての記事はこちらから。
日本ボクシング界の風雲児 山口賢一選手が来週大阪でWBFタイトルマッチ!
『先駆者 山口賢一』 WBFタイトルマッチの意義
本邦初!WBFタイトルマッチリポート 山口賢一VS小林健太郎

 WBFタイトルマッチ後のルールを巡るゴタゴタやボクシング界の反応、試合の様子が流れた『探偵ナイトスクープ』などについてはこちらを。
WBFタイトルマッチの余波色々 西日本協会は緊急理事会を召集し引き締め&組織防衛!

 今回の興行はヤマケンさんは出場せず、天神ジム所属のヤマケンさんの一番弟子ともいうべき石角悠起選手と、ヤマケンさんの興行ではお馴染みのWINGジム所属の中村優也選手のダブルメインとなる全6試合。

ポスター_R

 会場は大阪市北区の大淀区民センターという、住宅街の中にある物凄く普通の公共施設でございます。
 IMGP2384_R.jpg
 会場入り口では、格闘技用品でおなじみのボディメーカーさんが物販ブースを展開しておりました。
IMGP2376_R.jpg

 ボディメーカーさんはHP上で、試合のレポートや選手のインタビューなども積極的に掲載しており、特色がありますね。この日の興行のレポートも掲載されています。→BODYMAKER×アスリート(32)中村優也

 会場内に入るとプロ興行の前に行われる、アマチュアのスパーリング大会の真っ最中。いつも思いますが、プロ興行の前にリングを使ってスパーリング大会をやると言うのは大変合理的で良いことだと思います。IMGP2361_R.jpg
 スパーリング大会の表彰式が終わると、いよいよプロの試合がスタート。IMGP2387_R.jpg
 レフェリーによるバンデージのチェック

 とここでトラブル発生。なんとメインに出場するはずだった平野拳生選手が、体調不良でギブアップと言うじゃないですか。JBCでは無敗だった平野選手の試合に注目していただけに、これにはガッカリ。中村選手の試合はエキシビジョンに差し替えになるということで、いきなり暗雲が漂います。

 第一試合は天神ジムの安井克年選手と、岐阜のチーム侍所属の岩田啓輔選手による4回戦。ミドル級契約と言うことで迫力のある試合となりましたが、リングが小さいので、いきおい打撃戦となり、さらにスリルがアップします。JBCの興行に行っても4回戦のレベルと言うのは本当に玉石混交で、「良くテストに通ったな」ちゅうような選手もいれば、強い選手同士のレベルの高い試合もありますが、この試合は技術もしっかりしており、序盤優勢だった安井選手を岩田選手が徐々に追い詰めて3ラウンドでKOした展開も含め大変面白かったです。
 自陣コーナー近くで打ち込まれた安井選手の動きが止まると、セコンドについていたヤマケンさんがレフェリーに「ダウンや」と伝えて試合が終わった場面も印象的。自分の選手のセコンドにつきながらも、プロモーターも兼ねているがゆえの安全への意識が垣間見えた一幕でした。

IMGP2441_R.jpg
IMGP2464_R.jpg
IMGP2468_R.jpg

 白いトランクスが勝った岩田選手。

 第二試合は中村優也選手と同じWINGジム所属の本山亮徳選手と、2000年代のボクシング界のスター選手、クレイジー・キムさんが会長を務めるNo.1チャンピオンスクール所属の近藤将行選手による4回戦。こちらもスーパーウエルター契約と言うことで、迫力ある重量級の試合が続きます。
IMGP2546_R.jpg
IMGP2608_R.jpgIMGP2568_R.jpg
セコンドをつとめるキム会長
IMGP2708_R.jpg
 本山選手(白いトランクス)が2Rと4Rにダウンを奪ってTKOで圧勝。これも面白い試合でした。

IMGP2720_R.jpg
第三試合 平沢宏樹選手対イズマエル・エステバン選手の試合は三者三様のドロー。

IMG_5277_R.jpg
第四試合 猪窪利光選手対勝田邦裕選手は猪窪選手の2RTKO勝ち。

 アンダーカード二試合をはさんで、対戦相手のキャンセルを食らった中村選手は代理の選手相手の3Rのエキシビジョンマッチとなりました。試合はエキシビジョンとはいえ激しい打ち合いになり、レフェリーが何度もクールダウンを促す場面も。

 IMG_5439_R.jpg
IMG_5437_R_2017051113165048e.jpg
IMG_5464_R.jpg
 終了後、ドタキャンとなった平野選手のマネージャーを務める男性が、リング上で観客に対して経緯説明と謝罪を行いました。

 メインはセミから繰り上げになった石角悠起選手対WINGジム所属のチェ・ヨンドウ選手のライト級7回戦。7回戦と言うのは判定でドローを減らすための工夫であります。

 試合はスピード溢れるフットワークを使うチェ選手に対して、石角選手がプレッシャーをかけて強打を狙う展開。チェ選手は小さいリングながらスピードを生かして動き回り、トリッキーな動きも織り交ぜて的を絞らせません。

 IMG_5641_R.jpg
IMG_5707_R.jpg
IMG_5776_R.jpg
 豪快な打撃戦の多かったアンダーカードから一転、テクニカルで緊張感のある面白い試合となりました。
IMG_5802_R.jpg
IMG_5831_R.jpg
IMG_5835_R.jpg
IMG_6128_R.jpg
IMG_6170_R.jpg
 前半の探りあいを経て、後半は距離がつまりパンチが交錯する見応えのある展開。終盤はチェ選手のスピードに順応した石角選手が有効打を重ねて、3-0でなんとか僅差の判定勝ち。とはいえチェ選手のスピードと変則のスタイルも印象的で、両者の駆け引きが楽しめた好試合でありました。

 メインが中止ということでどうなることかと思いましたが、代理の試合が見事に興行を締めてくれました。

 日本でボクシングと言えば99%JBCの興行でありますが、それ以外にもプロボクシングl興行があって、プロボクサーがいるということをボクシングファンの皆様に知っていただきたいな、と思います。実際試合のレベルも、なんら遜色のないものだと感じました。

 ヤマケンさんとクレイジーキム会長はこの興行の翌日西安で行われる小澤大将選手の試合のため、中国へと旅立って行きました。日本のボクサーも彼らのように、マンネリの国内ボクシング界を脱して世界を目指してどんどん海外に出て行って欲しいなあ、と感じます。

 今後もヤマケンさん、には引き続き注目していきます。

 最近キックや総合の興行にも注目している(旧徳山と長谷川が好きです)

 


WBFタイトルマッチの余波色々 西日本協会は緊急理事会を召集し引き締め&組織防衛!

さてさて試合後一ヶ月が経過しましたが、採点を巡るゴタゴタも含めて紛糾が止まない、山口賢一VS小林健太郎のWBFスーパーバンタム級タイトルマッチ。

当方も記事でお伝えしたとおり、一旦は小林選手の負傷判定勝ちが宣されたものの、本来採点に含まれるはずのストップされた9ラウンドの採点が含まれていないことが発覚し、結果はドローであるという訂正がWBFより出されました。

このことは試合レポートの記事で触れましたが(記事へのリンク→本邦初!WBFタイトルマッチリポート 山口賢一VS小林健太郎)、会場でも試合直後から「9Rでストップなのになぜに80点満点なの?」と言う疑問は出ており、私を含めてリングサイドの役員席でジャッジペーパーを見ながらそのことを質問している方が何人かいました。

IMG_7049_R.jpg


ですがその場でWBFの立会人ゴールドバーグ会長が「WBFルールではストップのラウンドは含めない」と明言したため、それが正しいかと思っていたのですが、なんとその後山口選手陣営がWBFルールを参照すると「ストップのラウンドを含める」と銘記してあることが発覚。

当ブログでも、WBFのHPに掲載されているルールブックを調べた読者の方から、「ルールと裁定に齟齬がある旨」ご指摘を頂いておりました。

問題の9Rはそこまで一点差だった川端ジャッジが山口選手優勢につけていたため、同点となり結果三者三様のドローとなるのがルール上正しいわけですが、この試合は実質的には山口選手サイドが仕切っている興行ではあるわけで、裁定がくつがえった経緯について小林選手サイドが不信感をもつのも、まあ止む無いところかな?とは感じます。とはいえルールブックどおりではあるわけで、一番の責任があるのはルールを把握していなかった立会人であろうと思います。

このことを受けて感じたのは「やはり競技を統括・運営するプロフェッショナルなコミッションが必要だな」ということでした。トラブルの原因自体は亀田大毅×リボリオ・ソリス戦後のゴタゴタと同じ、立会人がルールを把握せず間違った発表をしたことです。ルールブックをしっかり読み込んで、理解している人間がその場で訂正できていれば起こり得ないトラブルであり、JBCが関与してる興行でも同趣旨のトラブルが発生してることを見れば、JBCの関与自体の有無は本質でないと思います。

はたして再戦は組まれるのか?ですが、個人的には試合はアクションに満ち、噛み合った好試合でしたし、内容自体も拮抗していたのでもう一回見てみたいなと思っています。小林選手陣営からすれば裁定が覆ったことに不信感はあるかと思いますが、山口選手にしたところで引退をかけた試合でこのようなトラブルが起きたことは意図せざるものであり、彼自身もまた被害者です。双方のファンにとっても再戦は望むところだと思うのですが…。なりゆきを見守りたいと思います。

試合後の反響のほうでありますが、専門誌は黙殺かと思いきや、ボクシングビート誌が短信欄とコラム(執筆は編集者か?)で試合に触れており大変驚きました。文中では日本IBFにも触れられており、「JBCが統括していようがいまいがボクシングはボクシングである」というビート誌の専門誌としての矜持は感じられるものでした。ただ試合内容について論評していないのは「逃げているな」とも感じました。ビート誌は果たしてあの試合のクオリティや会場の盛り上がりをいかに評価されたのでありましょうか?日々の興行を「勝った負けた」と報じてるだけでは広報誌となんら変わりません。試合に関する批評があってこその専門誌ではないでしょうか?

ついでにジャッジ・レフェリーは元JBC所属のランカーやチャンピオンであるのに「経歴不肖な人」みたいな感じで書いてるのもミスリードなんじゃないの?と感じました。ジャッジやレフェリーについて疑問に感じたことがあれば、それぞれのジムや個人の携帯に電話すれば済む話で、専門誌のコネクションや実績があれば簡単なはずです。

立会人の誤発表によるトラブルも、先述のとおり亀田大毅VSリボリオ・ソリスで発生しており、JBCの不在やマイナー団体であるが故の問題点でもありません。

せっかく取り上げているのに残念だなと感じました。

もうひとつ、意外なところでは人気バラエティ番組でこの興行の様子が伝えられました。

関西発の人気番組として有名な「探偵ナイトスクープ」の撮影チームがアンダーカードに出場した磯道鉄平選手に密着しており(『磯道選手の8歳のご子息が試合でセコンドに付く』という内容)、興行の様子がかなり時間を割いて伝えられました。タイトルマッチすら深夜にローカルでと言うご時勢ですから、全国放送の高視聴率番組で取り上げられることは、大きな波及効果があるかと思います。番組の作り自体も、バラエティ特有の演出はあるものの、JBC非公認の興行であるがプロボクシングであるということをきちんと伝えており、シリアスなボクシングとしての迫力は充分伝わるものでした。対戦相手の小沢大将選手やクレイジーキム会長、山口選手も登場するのでボクシングファンの皆様は是非ごらんになって頂きたいと思います。ネット局では、これから放送と言うところもあるようです。(各局放送時間へのリンク

大きな声じゃ言えないですが、あの有名動画サイトで見れるような話もチラホラと…。私も久々にあの番組見てみたら新鮮でした。越前屋俵太はもう出てないの?北野誠は?

IMG_7255_R.jpg
IMG_7263_R.jpg


磯道選手が普段練習してるジムが、メチャクチャ広くてきれいで設備も立派で印象的でした。JPBA加盟か非加盟かなんてことは練習環境には何の関係もないんですよね~。実際普段はJPBA非加盟ジムで練習してるプロ選手は沢山います。

試合前には全国紙の朝日新聞や大阪の地方紙大阪日日新聞が、写真入りで大きな記事も掲載しており、関西の標準的な興行やタイトルマッチよりよっぽど注目度やメデイアの露出も多かったと思います。ただ試合結果だけがスポーツ面で報じられない。BOXRECにレコードも反映されない。ここが問題になっていると思います。

この他、試合後の余波としては、何をおいても一番大きなリアクションがあったのは、JPBAの西日本協会からのものでした。試合後になんと臨時理事会を召集し「今後非加盟ジムによる興行に参加したものは厳しく処分する」「引退選手であれば復帰は認めない」という議決をし、併せてこの日の興行に観客として来ていた選手やトレーナーと言ったライセンス保持者の極く一部を槍玉に上げてジムの会長を通じて「厳重な注意」をしたと言うことをわざわざ議事録に記載したというじゃありませんか。

さらに、この興行に選手を出場させたり、オフィシャルを派遣したりといった協力をした元プロ・OBの皆さんに対しても「今後は協力するな」という抗議があったのだとか。

この話を聞いたときに私には意味が良く分かりませんでした。というのは試合会場には多くのライセンス保持者が観戦に来ていましたし、試合前に同じリングで行われていたスパーリング大会には山口選手の古巣の大阪帝拳をはじめ多くのJPBA加盟ジムの練習生が参加していたからです。会場に来ていたライセンス保持者の中から一部の人間だけをクローズアップして、理事会の場で所属先の会長を吊るし上げると言うのも不公平ですし、「あんな興行にかかわるなよ!」と言ってる理事のやってるジムが、同じ会場の同じリングで同じ主催者がやってるスパーリング大会に練習生を参加させているというのは悪い冗談であります。

この試合を巡っては試合前から、JPBA西日本協会が事情聴取を名目に山口選手を呼び出すなど興行への妨害ともとれることが行われました。そもそもJBCやJPBAがボクシング興行を独占する法的な根拠はないですし、個人的な交友の中で観戦に行くことすら制限するというのは個人の日常生活や内心の自由への干渉であり、大きなお世話としか言いようのないものです。むしろJPBAのボクシング興行と競合するものを見ることは勉強や研究として有意義だと思うのですが。

そもそもこのゴタゴタにはもともとの原因があります。

昨年山口選手はフィリピンで試合に勝ってOPBFランキングに復帰した上で、フィリピンの国営コミッションであるGABAのライセンスを取得し、輸入ボクサーと言う形で、日本国内でOPBFタイトルマッチに出場できないか?ということをJBCに打診しています。しかしJBCとしてはそれを認めず、かつての所属先である大阪帝拳ジムに許可を求めた上で移籍して他のジムに所属せよという指示を出しましたが、移籍交渉は決裂し試合自体が幻に終わりました。

その帰結として山口選手が選択したのが今回のWBFタイトルマッチだったということです。

JBC統括下の試合は移籍しないと認めない。でも移籍はさせん。でも未公認タイトルも許さん。でも選手契約が永遠に続くことにも興行の独占にも法的な根拠はないよ。JPBAの制度が嫌で一度足抜けしたら政治力使って孤立させて、プロボクシングと名のつくことはさせへんで。タクシー強盗して6年半刑務所に入っていた選手のライセンスはすぐ出るけれど、JPBA以外でプロ興行やったら永久追放やと。なんですか、これ?どこの未開社会?と言う話であります。


そもそも現在のクラブ制度の下では、選手は会長と対立したりトレーナーと合わなかったりしても移籍すらままならず、飼い殺しになるといのはJPBA側の制度の問題であります。そうした選手に対して「マネージャーも練習環境も自分で選んでプロとして試合が出来るよ」という『道』が提示されれば、JBC・JPBAから抜け出してやろうという選手が出てくるのも当然です。

JBC・JPBAが現行の不合理な制度を改革しない限り、このような動きは決して止まないと思います。JPBAに加盟せねばプロボクシングは出来ぬと言う時代ではもはやないのです。

なにより一部のクラブオーナーの権益だけが過剰に保護された今の制度では、大半の選手もトレーナーも使い捨ててで終わってしまうことになると思います。

そんなプロボクシング界でいいんでしょうかね?

というわけでこの試合ますます余波を生みそうであります。再戦があるのか?も含め今後も動きがあり次第レポートしていきます。

IBF総会に行った人から話を色々聞いて面白かった(旧徳山と長谷川が好きです)

本邦初!WBFタイトルマッチリポート 山口賢一VS小林健太郎

IMG_6849_R.jpg
超満員の会場での国家独唱

さてさて、山口賢一選手VS小林健一郎選手によるWBFタイトルマッチのレポートでございます。

西島洋介山選手や西沢ヨシノリ選手が獲得するなど日本では比較的なじみの深いWBFタイトルでありますが、日本国内で日本人同士の決定戦が行われるのは、まさしく本邦初。エポックメイキングな興行の舞台となったの旭区民ホール。旭区と聞いても、他府県にお住まいの方にはピンと来ないかも知れませんな。大阪市の北東に位置する下町ムードあふれる行政区でございます。山口選手の地元ということで、過去にも何度か興行が行われています。区民センターの大ホールはキャパ1000人ほどの小屋でございますが、開場直後に中に入るとすでに結構な客入りとなっております。リングは舞台の前の空間に置かれており大変見やすいレイアウト。活気と凝縮感があって良い雰囲気であります。

この日の興行ではプロの試合の前に、子供から大人まで参加するスパーリング大会が行われております。スパーリング大会に参加した選手はそのまま会場に残ってメインまで試合を観戦する方も沢山いらっしゃいました。またプロの試合のジャッジもスパーリング大会に選手が参加したジムの会長たちが勤めています。

アマチュア選手にとっては自分たちの試合の延長上にプロの試合を見ることができます。自分の試合が終わった直後にプロの試合を見れば学ぶことも多いでしょう。興行を打つ側にとっても観客の確保にもなるし、キッズボクサーがスパーリング大会に出ればその親も観客になってくれます。また実際にボクシングをやっている人は技術に着目するので、ひいきの選手の試合が終わったら帰ると言うこともあまりなく最後まで熱心に見てくれます。

さまざまな集客の工夫、盛り上げる工夫が成されています。

選手にチケットを押し付けて、ポスター貼りも選手にやらせて営業も宣伝も選手任せというジムが沢山ありますが、それでプロモーターと言えるのでしょうか?そして集客のためにさまざまな工夫を認めるべきではないでしょうか?特に地方ではなおのことです。山口賢一選手の天神ジムの興行ではボクシングと同じリングでキックの試合が行われたりします。

そうすれば興行にバラエティが出るし、、またそれぞれのジャンルの固定ファンが異なるジャンルの競技の面白さを発見する手助けにもなります。ボクシング興行にも観客本位の工夫がもっとあってしかるべきだと思います。

アマチュアの試合が終わると次はプロの試合が始まります。アンダーカードは6回戦が三試合。

最初の試合は磯道鉄平選手VS小沢大将選手。磯道選手はもとWOZジム所属で2004年度スーパーライト級全日本新人王。かつてはテレビでも注目されたホープでした。



対する小沢大将選手はA級・B級トーナメント優勝実績のあるバリバリのA級ボクサー。天神ジムの興行に過去参戦しております。

現役復帰した磯道選手には民放バラエティ番組のクルーが密着しており、セコンドにはレポーターを勤める吉本の芸人の姿も見えます。が、私は小沢選手のコーナーに釘付け。だってセコンドがクレイジー・キムさんなんですよ!

IMG_6754_R.jpg
セコンドからの指示も独特だったキム会長

小沢選手は現在クレイジーキムさんのジム所属で選手活動をしています。キムさんの地元熊本は地震で大変な状態ですが、その苦難を押しての参戦でありました。

試合のほうは見ごたえがありましたが、小沢選手の強打が明白に上回った感じ。磯道選手はブランクの影響か小沢選手にくらべると、やや試合勘が戻っていないかな?と言う印象でした。結果は小沢選手の2-0判定勝ち。技術レベルの高い試合でした。

二試合目は天神ジムの石角悠起選手がタイ人選手に手堅くKO勝ち。

三試合目はメインに出る小林健太郎選手の実兄である獅子丸崇也選手VS大阪帝拳所属だった好川大智選手の試合。

序盤は獅子丸選手が自由自在なスタイルでリードしますが、後半やや息切れし好川選手が巻き返す展開。接戦となりましたが、獅子丸選手が前半のリードを生かして2-0判定勝ちとなりました。

ここまでの三試合普段JBCの興行で見るアンダーカードと比べてなんら遜色なく、いやどちらかと言うとかなりハイレベルでありました。まあ実績がある選手が出てるから当たり前なんですが。JBCのライセンスがないからプロじゃないというような偏屈な見方がいかに現実に即していないかを如実にあらわしたものだったと思います。

一回ゲソを脱いだジムに一生拘束されるという不合理極まりない現在の選手契約ルールになじめない選手はこれからも出て来ます。それは時代の必然であり、また要請でもあります。そうしたケースは今まではすべて「選手のわがまま」と言われて来ましたが、興行もライセンスも独占する雇用主のクラブオーナーが、極端に有利となるよう設計された現在の契約スタイルは、極めて前時代的で、人権侵害とすら言えるものです。日本のボクシングが近代的で合理的な組織になれば、業界ももっと活性化すると思うのですが…。

さていよいよお目当てのメインであります。

先に入場した小林選手はスナイパーのような風貌で気迫充分。昭和の男前のようなヘアスタイルもナイスであります。
IMG_6815_R.jpg

一方の山口選手は地元の大声援を受けて客席から登場。この時点で会場は超満員です。

IMG_6841_R.jpg

山口選手がこの試合を実現するに当たって、実はボクシング業界からの横槍もありました。試合の発表自体がギリギリで宣伝期間も充分とはいえないものでした。ですが蓋を開けてみればこの熱気であります。

「君が代」の独唱とコールが終わっていよいよ試合開始。

ゴングが鳴ると両選手とも序盤からハイスパートの打ち合いに突入。サウスポーの小林選手は常に先手を取るスタイルで積極的に手数を出せば、山口選手は接近してボディフックを打つ展開ですが、小林選手が的確さで一歩リード。分けても良く伸びるストレートと鋭いアッパーが印象的で、何度も山口選手の頭を後ろに弾く。先手を取られた山口選手は小林選手の正確なパンチをかいくぐって、プレッシャーをかけつつワイルドなフックを上下に放ち応戦。だが小林選手のペースは落ちず手数も旺盛で、一発一発のパンチも正確でなおかつ重く硬く見える。

IMG_6922_R.jpg

印象的だった小林選手のストレート

IMG_6949_R.jpg

山口選手はボディ打ちで応戦
アクションが詰まった試合は一向にテンションが落ちず、両者スピードに乗って手を出し続ける展開が中盤も続く。パンチの的確性は小林選手だが、山口選手はパンチが当たるとすぐにラッシュで攻め立てて再三印象的なシーンを作る。小林選手はやや打ちつかれたか、手数は落ちてくるが、要所での回転力とパンチ力は相変わらず。低い姿勢で密着してくる山口選手をアッパーと打ち下ろしのストレートで迎撃するが、山口選手は対角線のコンビやボディアッパーで応戦。小林選手のサイドにステップアウトしての攻撃も有効。ひとつのラウンドで何度もペースが入れ替わるめまぐるしい展開が続く。

IMG_6959_R.jpg

IMG_7022_R.jpg

序盤からノンストップで続いた白熱の打撃戦は9Rに小林選手の目の傷が深くなって、突如ドクターストップ。会場では分かりませんでしたがビデオ映像で深さを確認出来ました。傷はバッテイングが原因だったので負傷判定となり、9Rまでのポイントで勝敗が決まるというアナウンスがなされます。

集計に時間がかかりましたが、スコアの読み上げがはじまり、77-75小林、78-75山口とスプリットデシジョン。最後の一人のスコアは…77-76で小林!小林選手が新チャンピオン。その瞬間小林選手はリングにつっぷして感涙。この試合にかけた気持ちが見えてグッと来ました。

IMG_7033_R.jpg

一方の山口選手は展開をつかみかけていただけに残念。8、9ラウンドは有利にすすめており、小林選手にも疲れが見えていたので「あのまま続いていれば」と思わずにはいられませんでした。

しかしなんだかんだ言って、判定結果は公平であったと思います。言うたらあれですが、山口選手の興行でジャッジやレフェリーも山口選手の伝手で集めて来た人ばかり。負傷判定で勝つようなことがあれば、小林選手サイドから見れば禍根が残ることは確実でありました。

この結果はレフェリングもジャッジも妥協のない競技として運営されていたことの証であると思います。

勝った小林選手おめでとうございます。タイトな素晴らしいボクシングでした。

負けた山口選手。興行とスパーリング大会の準備に、ジム会員や高校生の指導、WBFとのやりとり、取材やチケット販売の対応をしながら、試合に向けた練習をする姿はまさに超人的でありました。取材時に「大変ですね」と声をかけたら、「まあ仕事ですから」と言っていた姿が忘れられません。本当にお疲れ様でした。

この試合はノンストップの打撃戦で、頭から尻尾までアクションが詰まっており、展開のめまぐるしさも含めて滅多に見られない面白い試合であったと思います。以下に試合の動画へのリンクを貼っておきます。是非ご覧ください。
                      ↓


で最後にひとつ気になることがあったのですが、それは場内のアナウンスで「9Rまでの判定」ということになっていたのに、スコアが80点満点だった問題。役員席に行ってみると、同様の疑問をもったと思しき、記者なのかマニアなのか分からぬご同輩がジャッジペーパーを囲んで侃侃諤諤やっているところ。でジャッジペーパーを見てみると、スコアが確かに8Rまでしかない。

IMG_7049_R.jpg

そこにいたWBFの会長によると、WBFのルールではストップになったラウンドは判定に含めないと言うことで、80点満点で間違いないとのこと。アナウンスの間違いと言う結論でありました。同様の疑問が知人からも寄せられたのでここに記しております。

ちなみにWBFの会長は「ストップが早すぎる」と言う見解でした。

会場を出ると地元の皆さんが「残念だったね」とか何とか言いながら自転車や徒歩で三々五々帰っていく光景が。その日常感が旭区の地元の皆さんに愛された、地域密着ボクサーの試合後にふさわしい姿だなと、なんだか腑に落ちたのでした。

大阪の片隅で何気なく行われた、この先進的なイベントを、私は忘れることはないでしょう。祭りは一瞬で終わりますが、だからこそ記憶・記録していくことが大切だと思います。

このイベントにかかわった皆様、大変お疲れ様でした。

内山高志の陥落に驚きつつなんか納得した(旧徳山と長谷川が好きです)

山口賢一×小林健太郎 フル動画

 昨晩の試合、予告されたネット中継は無かったようですが、早くも試合の動画が天神ジムよりアップされました。高画質でエプロンから撮られているので臨場感もバッチリです。




 JBC公認だなんだということと、試合のクオリティにはなんの関係も無いということが分かっていただけると思います。

 時代は動いています。

 

『先駆者 山口賢一』 WBFタイトルマッチの意義

WBFポスター


 先日行われた、水泳の日本選手権は大きな話題となりました。オリンピックの選考会も兼ねるこの大会は、国民的な注目の中で行われ、分けても自らの去就をかけて出場した北島康介選手の動向は、一挙手一投足に至るまでメデイアに取り上げられる事態となりました。

 北島選手は決勝で2位に入賞するも、派遣標準記録は突破出来ずオリンピック選考は落選し、レース後現役引退を表明しました。

 この、「北島をオリンピックに派遣せず」という水泳連盟の裁定に対して、結構な数の抗議電話が来たのだそうであります。水連にしたところで、コカコーラという大スポンサーがついていてメデイアの注目度も高い北島をオリンピックに派遣することは多大なメリットがあったことでありましょう。ですがそれをしなかった。そのことの背景には、実はかつての水泳界のスター、千葉すず選手の影響があるというのであります。

 文芸春秋のスポーツ雑誌ナンバーのWebに掲載された生島淳さんの筆による、以下の記事をご覧ください。
        ↓
 北島康介の落選と、千葉すずの遺産。 基準を明快に運用した水連に拍手を。

 千葉すずのシドニーオリンピック落選に絡むスイスのスポーツ仲裁裁判所を舞台にした法廷闘争の結果、水泳連盟の選考基準は明文化・明確化され、クリアになったというのであります。

 実はCSAの仲裁を受けるには莫大な訴訟費用がかかります。そうした障害を乗り越えてでも白黒をつけた千葉選手の強い意志の力は、その高い競技力の源でもなかったのか?と今となっては思います。

 私も当時の選考を巡る千葉と水連の闘争は覚えております。シドニーの前の、アトランタオリンピックで日本の水泳選手団がメダルを逃した後、謝罪めいたこと言わなかったことで批判が集中し、半ば戦犯扱いされた千葉選手。シドニーでの落選は、その時の水連との確執が背景にあることは明らかでありました。

 当時JOC会長を経て水連のトップだった古橋廣之進は、選考の不公正を指弾する千葉の行動を利己主義だと批判し、「水泳は団体競技だ」と開き直る『老害』ぶりを発揮いたしました。もちろん競泳はリレーやシンクロ以外は個人競技です。

 我侭勝手の秩序破壊者だと言われた千葉選手の行動が、15年経ってみれば実は水泳競技のレベルアップや選考の透明化・平等化という功績となって現れたのであります。

 とかく日本のスポーツ界は村社会であり、既得権者に逆らったり、明らかに不合理なものでも業界慣習を批判したり、前例を踏襲しなかったりする人は『問題児』として指弾されます。

 今じゃ偉人みたいな扱いになってる野茂英雄だって実際にメジャーで活躍するまでは、育ててもらった日本の野球界を裏切った我侭な恩知らずで、フォームも変則だから活躍できるはずはない、等々とムチャクチャに批判されました。ですが、結果的に彼が開けた、アリの一穴が日本の野球界に風穴を開け、業界の構造すら変えてしまうようなダイナミックな変化を引き起こし、競技のレベルアップにもつながりました。

 プロボクシング界は未だ不透明で閉鎖的な商習慣や選手契約が横行し、タイトルへの挑戦もテレビ局と結びついた一部の特権的なプロモーターが独占している状態です。

 そんな閉鎖的な日本のジム制度を飛び出して、オーストラリア、フィリピン、メキシコと道なき道を進んできた世界を舞台に戦って来た山口賢一選手のひとつの到達点が明日のWBFタイトルマッチです。

 「マイナータイトルじゃないか」と冷笑する事は簡単です。ですが一選手が自力でここまで到達したケースすら、日本のボクシング界には未だなかった。山口賢一は自分の意志でJBCとJPBAの外に出て、自分のやり方で自分の力で自分が戦う舞台を作った国内で初めての選手なのです。

 千人規模の会場で行われる小さな興行で、マスメデイアもボクシング雑誌も、評論家も誰も取り上げないかも知れませんが、きっとこの興行は日本プロボクシング界の未来に向かって蒔かれた種になると自分は思っています。

 「プリンス論」読んだ直後にプリンスが亡くなって驚いた(旧徳山と長谷川が好きです)